5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

分析:日本の岸田首相は数週間前にロシアのガスを維持することを決定した

東京、3月31日(ロイター)-岸田文雄首相は木曜日、数週間前に政府高官に日本のエネルギー安全保障に危険はないと個人的に語ったとき、ロシアの大規模なガスプロジェクトを放棄しないと発表した。

岸田文雄氏は、3月初旬の会合で、貿易経済大臣の柿田浩一氏らの関係者に対し、出口が経済を脅かしているため、サハリン2液化天然ガス(LNG)プロジェクトにとどまると約束した。

彼らは、記録上で話すことを許可されていなかったため、それらの会議に関する既知の情報源を特定することを拒否しました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

岸田文雄は木曜日に議会に「サハリン2から撤退することは私たちの方針ではない」と語った。

3月の会合の詳細と岸田文雄と他の政府当局者の両方からの公のメッセージの微妙な変化は、今後数週間のロシアのウクライナ侵攻への対応における日本の困難なバランスを説明するのに役立ちました。 。

制裁措置でロシアの銀行や新興財閥を標的にしているにもかかわらず、日本は、2011年の福島第一原発事故後に原子炉を停止して以来大きく依存してきたガスをめぐってロシアとの関係を断ち切るしかない。

7月に国政選挙に臨む岸田文雄氏は、燃料関税や停電のリスクを回避したいと考えている。 ロシアが「特殊作戦」と呼んでいる侵略の余波で、日本は当初、安定したエネルギー供給を維持しながら、G7に沿って進む必要性を強調した。

しかし、その後の数週間で、政策立案者は、LNGプロジェクトへの日本の出資がどのように危険にさらされる可能性があるか、そしてエネルギー安全保障の重要性についてもっと話しました。

岸田文雄の発表は、外務省外交に関する商務省のエネルギー政策の勝利を表す可能性があり、サカリン-2やその他のロシアのプロジェクトに出資している日本企業の投資家を和らげることができる。 続きを読む

LNG依存

10年以上の間、エネルギーの乏しい日本は、中東の石油の信頼性を低下させ、失われた核能力を相殺するためにロシアのガスを利用してきました。

ロシアのガスは日本のLNGのごく一部を占めていますが、市場シェアの一部を占めており、オーストラリアや東南アジアのガスとともに、日本の管理下でエネルギー消費量を3分の1に増やしています。 四半年前。

エネルギー会社の幹部は、日本がスポット市場でロシアのLNGから購入するガスを変更することを余儀なくされるかどうかを尋ねた。これは、現在のスポット価格で最大3兆円(250億ドル)になる可能性がある。 サイン、言った。

日本のガス・電力会社はロシアのLNGを使用しています。 岸田文雄の故郷である広島ガスは、その供給に半分依存している。 全体として、LNGは日本の総エネルギー生産量の4分の1を占め、国の電力の36%を生産しています。

「供給が確保できたとしても、ガス価格は劇的に上昇し続けるだろう」とエネルギー経済研究所の小山健専務理事は述べた。

国家安全保障への恐れ

一部の政府関係者にとって最大の懸念は、日本がサハリンからガスを利用する権利を失い、エネルギーの独立を脅かすことによって国家安全保障を損なうことです。

石油は5分の2の日本最大のエネルギー源であり、そのほとんどすべてが中東から中国海軍が巡航する航路で輸送されています。

東京がロシアのガスを禁止すれば、北京もそれを買うために前に出るかもしれない、と情報筋は言った。 中国はウクライナでの即時停戦を要求したが、侵略を非難することを公然と拒否した。

エネルギーの自立は日本にとって長い間懸念されており、「最終的には欧米との緊張につながる可能性がある」とエネルギー当局者は述べた。

しかし、フランスがシベリアでの北極LNG2ガス開発プロジェクトから撤退した場合、岸田はフランスの石油会社Total Energiesの10%を所有していることを再考する必要があります。 (TTEF.PA)別の情報筋によると。

緊密な同盟国である米国は、これまでのところ、ロシアの金の最近の禁止や潜在的な制裁を回避するためのデジタル資産の使用をやめるという誓約など、東京の制裁を称賛してきました。

これまでのところ、G7は、エネルギー購入を直ちに停止するのではなく、ロシアのエネルギーへの依存を減らすことにのみ同意しています。 ドイツは、ガスの3分の1を占めるロシアの供給を遮断することに特に警戒している。

しかし、ウクライナに対する怒りが高まるにつれ、他のG7諸国は岸田にロシアのガスを止めるように促す可能性があります。

住友商事グローバルリサーチのチーフエコノミスト、本間隆之氏は、「他のG7諸国がロシアのエネルギー輸入を禁止することを決定した場合、日本もそうすべきだ」と述べた。

($ 1 = 122.1400円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

竹本義文、清水律子、大林優香による報告。 ティムケリーによって書かれました。 DavidDolanとNickMcPheeによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  BPは日本が3回目のオークションを実施しているため、日本の海風をターゲットにしています