10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

出版社のプラットフォーム:乳児用調製粉乳クロノバクターとサルモネラの発生:まだ質問があります

私はそれを見逃したかもしれませんが、誰かがこれらの基本的な質問に対する答えを持っていますか? 質問1:病気が2021年9月初旬に始まったことを考えると、クロノバクターサカザキがミネソタでのみ報告されているというこの事実は、調査を妨げ、発生の発表と想起を遅らせますか?

質問2:2021年9月6日から少なくとも2021年12月18日までに発生した病気(私たちが知っている)で、最初のリコールが2022年2月17日まで、そして延長リコールが2022年2月28日まで発表されなかったのはなぜですか?

質問3:発生とリコールの前の2年間、アボット施設でFDA検査が実施されなかったのはなぜですか? COVID19?

まず、発生に関するいくつかの基本的な事実:

これまでのところ、ミネソタ、オハイオ、テキサスでのみ確認された病気がありますが、他の州や国での病気の未確認の報告があります。

オハイオ州でサルモネラニューポート患者1人、クロノバクターサカザキ患者4人、2人が死亡。

これらの子供たちは、Similac Sensitive、Similac Pro-total Comfort、Similac Advance、およびSimilac PM60 / 40を含むフォーミュラを消費しました。 これらの製品はリコールされており、使用しないでください

これまでの結果には、ミシガン州アボットスタージスの食品医薬品局によって採取された環境サンプルからのクロノバクター菌のいくつかの肯定的な結果が含まれています。 これまでのところ、製品でサルモネラ菌の陽性検査は報告されていません。

アボットの内部記録のレビューは、クロノバクターサカザキによる環境汚染も示しています。

アボットは、クロノバクター・サカザキ菌の存在により製品を破壊しました。

米国の病気は、2021年9月6日から2021年12月18日までの間に発生しました。

リコールされた製品は、米国に加えて、オーストラリア、バーレーン、バルバドス、バミューダ、カナダ、チリ、中国、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、グアム、グアテマラ、香港、インドに配布されました。 、インドネシアとイスラエルヨルダン、クウェート、レバノン、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、オマーン、ペルー、プエルトリコ、カタール、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、スーダン、台湾、タイ、アラブ首長国連邦、イギリス、ベトナムANI南。

によると アメリカ疾病予防管理センタークロノバクター感染はまれですが、新生児では致命的となる可能性があります。 乳児の感染症は通常、生後数日または数週間で発生します。 毎年約2〜4件の症例がCDCに報告されていますが、ほとんどの病院や研究所はクロノバクター感染を保健部門に報告する義務がないため、この数は実際の病気の数を反映していない可能性があります。 すべての州で報告する必要があると具体的に記載されているわけではありませんが、一部の州では細菌性髄膜炎(CAなど)で報告されています。 それはで報告することができます ミネソタ

に感謝します efoodalert ミシガン州スタージスのアボット製造施設の過去および現在の検査を調査する。

ミシガン州スタージスにあるアボットの乳児用調製粉乳製造施設は、2008年10月以来、食品医薬品局による27回の検査を受けています。 FDA検査データベース

27回の検査のうち24回の検査の結果、会社の業務はクリーンな健康法案を受け取りました。

2010年10月、FDAの検査官は、次の3つの問題について会社を引用しました。

  • 処理エリアから害虫を排除するための効果的な対策は講じられていません
  • 異物による汚染の対象となる原材料が、現在のFDA基準および欠陥対策レベルに準拠しているという保証はありません。
  • 汚染を減らすために必要な条件と管理の下で食品を処理しない。

同じ年と数年間のその後の検査で否定的な報告が得られなかったため、これらの問題は修正されたようです。

2019年9月、FDAの検査官が1つのケースでアボットを引用し、次のように述べたときに状況が変わりました。

  • 最終製品段階および流通前の粉末乳児用調製粉乳の総生産量の代表的なサンプルは、総生産量が必要な微生物学的品質基準を満たしていることを確認するためにテストされていません。

もう一度、会社は食品医薬品局の満足にその手順を修正しました。

2年間検査は行われなかった。 その後、2021年9月(報告された病気に対応したものかどうかは不明)、食品医薬品局が復帰しました。 今回の検査でいくつかの問題が明らかになりました。

  • 乳児用調製粉乳、原材料、包装、機器、または器具と接触する表面を直接扱う人員は、手が汚染または汚染された後、適切な温度の手洗い施設で手を完全に洗っていません。
  • 乳児用調製粉乳を製造、加工、充填、または清潔で衛生的な状態に保つために使用される建物を維持していません
  • 処理パラメータの測定、調整、または制御に使用した機器が適切に保守されていません。
  • 温度制御を維持するために必要な頻度で熱処理装置の温度を監視することはありません。
  • 製品フィラーに圧縮ガスを使用する場合は、0.5 µm以下の粒子を保持できるフィルターを取り付けないでください。

召喚状では、 アボット 彼は「非生産的な接触地域の植物におけるクロノバクター・サカザキの証拠」を発見したことを認めたが、最終製品で細菌を発見したことを否定した。

これは、とは正反対に見えるかもしれません FDAの啓示 同社は過去にクロノバクター菌の存在による製品の腐敗を報告しています。 具体的には、「会社の内部記録のレビューは、クロノバクター・サカザキによる環境汚染と、クロノバクターの存在による会社の製品の破壊も示しています。」

まだいくつか質問があります。

READ  テスラは第1四半期に記録的な車両を提供します。 中国の封鎖が重くなるにつれて、生産量は減少する