2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

写真:日本での戦闘訓練を行う女性海兵隊員 | 女性

写真:日本での戦闘訓練を行う女性海兵隊員 | 女性

第二次世界大戦後、日本の初の海兵師団である日本の水陸機動団(ARDB)は、将来起こり得る戦争において海上から攻撃を開始する任務を負っている。

会員数2,400人のエリート部門の中で女性はわずか40人程度。

丸山ひかり、黒沢瑠奈、中野紗和香の3名です。 東シナ海で訓練に派遣された海上自衛隊の戦車揚陸艦「JS」。 大住で他の女性軍人らの親しいグループと暮らし、11月には日本の脆弱な南西諸島列島での海岸襲撃演習を支援した。

彼らとその仲間の海兵隊員が先導することが期待されているが、彼らの部隊、そして日本の軍はジェンダーの多様性において大きく遅れをとっており、中国の脅威の中で高齢化する日本の人口が減少する中で問題となる危険性がある。 ロシアと北朝鮮は成長している。

「女性は、適切な男性の安定した供給を確保する上で重要です」と、沖縄県の無人島で当時のARDB部隊司令官梨木信吾氏は語った。そこでは、全員が男性の小規模なARDBチームがヘリコプター攻撃を訓練していた。

日本軍の女性兵士の数は過去10年間で倍増したが、それでも東京の同盟国である米国には及ばない。

23万人の自衛隊員のうち女性の割合はわずか8.7%で、米軍の半分、2018年に発足したARDBのわずか1.6%だ。 比較すると、米国海兵隊員の10人に1人近くが女性です。

「ARTPは肉体的、精神的、技術的に厳しいことで知られており、多くの女性が自分に耐えられるか不安を抱えている」と38歳の丸山二等軍曹は語った。

大隅の船では女性は珍しい。 空港でのフィットネストレーニングには男性のみが参加した。 丸山と20歳の黒沢伍長は、周囲の男性同僚がウェイトトレーニングをしている間、代わりに船内の小さな体育館でストレッチをしていた。

女性に優しい団体であることをアピールしようとするJSTFの努力は、ここ数カ月の注目を集めたセクハラ事件によって損なわれている。

10月には、日本人船員がセクハラ行為をしたとして上官との面会を強要され、木原実防衛相が謝罪に追い込まれた。 12月、日本の裁判所は女性兵士への性的暴行の罪で男性兵士3人に有罪判決を下した。

「ちょっと言葉を失いました。ハラスメントが何であるかをすべての人に明確にし、人々を教育し続けることが重要です」と、混合物を収容するように設計されていない20年前の船に乗船する前に、42歳のナカノ船長は語った。 -セックスクルー. 彼は、役割が開かれるのを見たいと言いました。

READ  カナダホッケー銀行のコメント以来、通貨市場は安定している