4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

共和党の巨額献金者ジェフ・ヤス氏がトランプ・メディア・マージャー・パートナーシップの株式を所有

共和党の巨額献金者ジェフ・ヤス氏がトランプ・メディア・マージャー・パートナーシップの株式を所有

ウォール街の金融家であり、共和党への主要献金者であり、TikTokの親会社への主要投資家でもあるジェフ・ヤス氏は、ドナルド・J・トランプ前大統領のソーシャルメディア会社と最近合併したダミー会社の最大の機関投資家でもある。

12月の規制当局への提出書類によると、ヤス氏の商社サスケハナ・インターナショナル・グループが金曜日にトランプ・メディア&テクノロジー・グループと合併したデジタル・ワールド・アクイジション・コーポレーションの株式約2%を所有していることが明らかになった。 この株式約60万5,000株は、デジタルワールドの最終株価終値に基づくと約2,200万ドルの価値がある。

大規模投資家は定期的にしか保有株を規制当局に開示しないため、サスケハナ氏が現在もこれらの株を所有しているかどうかは不明だ。 しかし、株式を維持すれば、合併後の今週取引が開始される時点で、ヤス氏の会社はトランプ・メディアの最大の機関株主の一つとなる。

トランプ氏のソーシャルメディアプラットフォームであるトゥルース・ソーシャルの親会社との合併が近づき、トランプ氏が共和党の大統領候補になることが確実視される中、デジタルワールドの株価は今年約140%上昇した。

同社は声明で「サスケハナ氏はマーケットメーカーであり、トランプ・メディアに経済的利益はない」と述べた。 「企業のロングポジションは、同じ規模のショートポジションによって相殺されます。」

規制当局への提出書類によると、同社はオフセット証券を利用して一株当たりの損益を削減しようとした。

同社の声明では、同社が依然としてデジタルワールド株を保有しているかどうかや、ヤス氏とトランプ氏の関係についてはコメントしていない。

ヤス氏が最近ニュースになっている理由は複数ある。 ヤス氏の会社は、共和党候補者や、クラブ・フォー・グロースを含む自由主義的および保守的な大義を支持する政治活動委員会への主要な資金提供者であり、ティックトックの親会社バイトダンスの大株主でもある。 アメリカの投資会社サスケハナ、ブラックロック、ゼネラル・アトランティックなどがバイトダンス株の60%を保有している。

今月、下院はバイトダンスに中国傘下のソーシャルメディア企業ティックトックの売却を強制する法案を可決した。

成長クラブは、TikTokが中国の支配下にある限り、禁止するあらゆる試みに反対するよう議会共和党に圧力をかけようとしており、ヤス氏は保守団体がその取り組みに資金を提供するのを支援した。 (成長クラブはトランプ氏の再選運動に反対していたが、和解したようだ。)

トランプ氏は米国でのTikTok禁止を支持していたが、最近になって立場を逆転した。 数週間前、彼はヤス氏と短い会談を行ったことを認めたが、その会談は2022年に予定されていた ウォール・ストリート・ジャーナルのコラム 「決してトランプ氏を支持したことはない」が、2人がTikTokについて話し合ったことは一度もなかったと同氏は語った。

トランプ陣営に近い関係者によると、ヤス氏は前大統領の政治活動を支援する団体に多額の寄付をする見通しだという。 ヤス氏は報道官を通じて、トランプ氏に紹介したことはなく、紹介する予定もないと述べた。

数学的モデルを使用して数千株の取引を容易にするサスケハナ社が、デジタルワールドから利益を得ることができる唯一の企業ではない。 デジタルワールドは2月、合併に関連する費用を賄うために機関投資家グループから5000万ドルを調達したことを明らかにした。 投資家は株式に転換できる資金を会社に融資した。 この取引への投資家はまだ明らかにされていない。

全体として、ヘッジファンドと商社は昨年末時点でデジタルワールドの3000万株の約5%を保有していた。 デジタルワールドの約40万人の株主の大多数は個人投資家で、その多くはトランプ氏の支持者だ。

今年のデジタルワールドの株価の急騰により、トランプ氏が保有するトランプ・メディアの7900万株の価値は数十億ドル増加した。 トランプ氏には、すべての株主の行動に対して少なくとも55%の議決権を与えるクラスの株式も発行されている。

この合併は、民事詐欺事件で判事が科した4億5400万ドルの罰金をカバーする保釈金を確保するためのトランプ大統領の月曜日の期限より前に完了した。

前大統領のトランプ・メディア株は、債券取得に必要な資金を調達するための経済的命綱となる可能性がある。 しかし、そのためにはトランプ・メディアの7人からなる取締役会に対し、今後6カ月間、株式を売却したり、株式を債券の担保として利用したりすることを妨げる制限を撤廃する必要がある。

取締役会には、トランプ大統領の長男ドナルド・ジュニア氏と、トランプ政権の元メンバー3人が含まれている。 元米国通商代表部のロバート・ライトハイザー氏。 リンダ・マクマホン元中小企業庁長官。

招待状のコピーによると、マクマホン氏は4月6日にフロリダ州パームビーチで予定されているトランプ氏のための大規模な募金活動の議長を務める。 このイベントは億万長者の投資家ジョン・ポールソン氏が共同主催し、ウォール街の投資家らも議長として多数参加している。 ヤス氏はその一人として言及されていない。

マギー・ハーバーマン レポートに貢献しました。

READ  元祖ジャンボジェット機のボーイング747が最終出動に向けて準備中