5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

公務員らがルワンダの新法を巡り法廷で控訴

公務員らがルワンダの新法を巡り法廷で控訴

写真にコメントして、 ルワンダの計画は小型ボートの横断に対する抑止力として機能するように設計されている

公務員労働組合は、一部の亡命希望者をルワンダに送る計画を巡り政府を訴えた。

先週成立したルワンダ安全法に基づき、大臣は欧州人権裁判所の命令を無視することができる。

米国食品医薬品局の労働組合は、そうするよう指示することは国際法に違反し、公務員法に抵触すると述べた。

政府は、フィットネスおよび倫理部門の責任者からのアドバイスは、これは規則に違反していないと述べた。

メッセージで 政府のウェブサイトで公開され、 ダレン・ティアニー氏は、「決定を実施する際、公務員は決定後の政策の実施を妨げないという約束を含め、公務員法に従って行動することになる」と書いた。

「彼らは法律に従って行動する。この法律は議会によって制定され、その法律に基づいて大臣の認められ確認された裁量権が行使されることになる。」

内務省はルワンダへの航空便が7月に開始されると予想している。

ルワンダの政策は人々が小型ボートで英仏海峡を渡ることを阻止することを目指しており、内務省は強制送還に備えて人々の拘束を開始している。

公務員を代表するFDAは、欧州人権裁判所の判決を無視するよう大臣が公務員に指示できるかどうかについて司法審査を申請した。

組合は、それが公務員が法律に違反し、したがって公務員の行動規範に違反することを意味するかどうかを高等裁判所に判断してもらいたいと考えている。

FDAのデーブ・ペンマン事務総長は、公務員は大臣の指示と公務員法との間で矛盾する立場に決して置かれるべきではないと述べた。

「これは偶然や言葉遣いの悪さによるものではない」と同氏は述べた。

「これは政府による政治的選択であり、国の利益のためではなく、党内で対立する派閥を怒らせることを避けるためになされたものである。」

この動きは国外退去のさらなる遅れを引き起こす可能性があり、多くの法的問題の最初のものとなる。

これに先立ち、内務省は、強制送還前に全国各地で人々を拘束する「一連の全国的作戦」が進行中であることを認めた。

同団体の広報担当者は、「ルワンダへ強制送還される予定だった最初の不法移民が逮捕された」と述べ、今回の逮捕はルワンダの計画における「もう一つの大きなマイルストーン」であると述べた。

移民執行官が数人の移民をさまざまな宿泊施設に拘束し、その後手錠をかけられ安全な車に乗せられる様子の写真やビデオが公開された。

ルワンダへの強制連行が検討されているすべての人は、その意図について少なくとも 7 日前までに書面で通知されなければならず、法的異議を申し立てる権利を有します。

政府は以前、春までの離陸を目指していると述べていたが、現在は9~11週間以内に実現すべきだと述べている。

逮捕開始の発表は、イギリス国民が地方選挙の投票に行く前日に発表された。

労働党は、次回の選挙で勝利すればルワンダ計画を中止すると発表した。

しかし、労働党の全国選挙対策調整官代理イーライ・リーブス氏は、同党がこの政策の一環として拘束者を釈放するかどうかと数回尋ねられたが、明言しなかった。

彼女はBBCラジオ4のワールド・アット・ワン番組で、「私たちは、請求が通らなかった場合には人々を母国に送り返したいと考えています。そのために、私たちはこうした帰還協定を結び、1,000人のケースワーカーを任命しているのです」と語った。

「それが恐怖、苦痛、極度の不安を引き起こします。」

内務省の文書によると、ルワンダに送られる最初のグループとして5,700人の亡命希望者が特定されたが、「引き続き内務省に報告を続けており、収容先を特定できるのは2,143人だけ」である。

ナンバー10は、内務省が他の人々の居場所を特定できなかったというのは「正確ではない」と述べたが、政府関係者は一部が逮捕される前に逃亡した可能性を認めた。

最初の逮捕を受けてジェームズ・クレバリー内務大臣は、「我々の専門法執行チームは、飛行機を離陸させるために、ここにいる権利のない人々を逮捕するために急ピッチで取り組んでいる」と述べた。

内務省の執行部長エディ・モンゴメリー氏は、チームは拘留作業が安全に実施されるよう訓練を受けてきたと述べた。

同氏はさらに、「仲間の参加者や拘束者を保護し、この大規模な作戦をできるだけ早く実行できるようにするために、作戦の詳細を最小限に抑えることが重要である」と付け加えた。

内務省は、収容能力を2,200カ所以上に拡大し、高度な訓練を受けた女性護衛を500人配置したと発表した。

同省は、商用チャーター便が予約されており、空港も準備が整っていると述べた。

難民評議会のアンワル・ソロモン最高責任者は、「人々を拘束するという政府の動きは、英国で安全を求めて戦争や迫害から逃れてきた男性、女性、子供たちに恐怖、苦痛、極度の不安を引き起こしている」と述べた。

同氏は、政府は「時間と資源を浪費する見出しを握る計画」ではなく、難民申請を「効率的かつ公平に」処理することに注力すべきだと述べた。

「選挙前のデマ」

火曜日に268人が5隻のボートで英仏海峡を経由して英国に到着したことが新たな統計で明らかになったことが明らかになった。

内務省の暫定統計によると、1月から4月までに合計7,567人が旅行した。

この数字は、昨年の同時期に記録された到着者数よりも 27% 増加しています。

一方、最初に拒否された亡命希望者は、別の自主国外追放プログラムに基づいてルワンダに渡った。

3月に発表されたこのプログラムでは、申請を拒否された移民に対し、東アフリカの国への移住費用として最大3000ポンドが提供される。

イベット・クーパー影の内務大臣は、自主帰還のニュースを「選挙前のからくり」と表現し、納税者は「ボランティアが飛行機に乗るために3000ポンドを払っている」と付け加えた。

自由民主党党首エド・デイビー卿は、「彼らは誰かに3000ポンドを支払わなければならなかった。それが選挙に関するものであることは疑いない。本気でボートを止めるためのものではない。」と語った。

READ  ゼレンスキーはウクライナが勝つことを誓う、ボリス・ジョンソンは永続的な支援を約束する