12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

全国調査でランバート空港のスコアが低かった理由

正直なところ、このニュースは大きな驚きではありませんでした。

水曜日、J.D. パワーは、米国とカナダの空港に対する乗客の態度に関する年次調査を発表しました。 今年はほとんどの空港の業績が昨年よりも悪化していますが、セントルイス ランバート国際空港は他の空港よりも悪化しています。

ランバート空港は、27 空港の規模で 23 位になりました。年間利用者数は 1,000 万人から 3,290 万人です。

旅行、ホスピタリティ、小売を専門とする JD パワーのアナリスト、マイケル・テイラー氏によると、違いは投資です。 改善に数十億ドルを費やした空港は、うまくいく傾向があります。

Lambert はまだ変更を行っていませんが、将来的に変更を加える予定です。

5月に開催された公開プレゼンテーションによると、コロナウイルスのパンデミックの前に、ランバートは約1,600万人の乗客を見ていた。 2040 年までに、2,100 万人、またはそれ以上、または 100 万人の乗客が訪れると予想されます。

人々はまた読む…

したがって、空港が拡張できなければ、混雑、および待機、列、駐車の問題は悪化するだけです。

空港の基本計画では現在、既存のターミナル 1 にスペースを追加して、少なくとも 10 の新しいゲートを含む、すべてのフライト用に 1 つの大幅に拡張された場所を作成することを提案しています。 その他の提案された変更には、より広いコンコース、改善されたセキュリティ チェックポイント、空港へのルートの混乱を軽減するシステムなどが含まれます。

この計画を議論するための 5 月のプレゼンテーションで、空港の代表者は、混雑、待ち時間、列、駐車に問題があることを認めました。 彼らは、これらの問題に対処する上で、いくつかの独特のロジスティクス上の課題があることを指摘しました。

州間高速道路 70 号線が空港の真正面を走っているため、南への拡張は不可能です。 側道を移転することでアクセスを改善できますが、近隣のコミュニティに悪影響を及ぼさないように、変更は慎重に計画する必要があります。

空港は過去にそれを十分に行ってきました。 それが、彼女が今二度とそれをしないように一生懸命努力している理由だと思われます.

この調査では、26,000 人以上の旅行者に、過去 30 日間に訪れた空港を評価してもらいました。 彼らが評価しなければならなかった6つのカテゴリーは、重要度の高い順に、ターミナル施設、空港の発着、手荷物受取所、セキュリティ検査、チェックインと手荷物検査、飲食物と小売オプションでした.

ランバートは、各カテゴリの下位 3 分の 1 または 4 分の 1 で得点を挙げました。

テイラー氏は、空港に対する乗客の期待が変化したと述べた。 かつて空港は、人々が飛行機に乗り降りするための機能的な場所でした。

しかし今では、それらはそれ自体が目的地になっていると彼は言いました。 遅延の増加と乗り継ぎの待ち時間の増加により、旅行者は空港でより多くの時間を過ごし、より楽しみたいと考えています。

彼は、満足度調査で良いスコアを獲得した空港は、開いていて換気が良い傾向があると言いました。 彼らはモールのようなものです。 彼らには、さまざまな興味のある小売店とともに、幅広い食品と飲料の選択肢があります。

理想的には、空港には人気の全国チェーン レストラン (ランバートにはバーガー キング、カリフォルニア ピッツェリア、チリズがありますが、マクドナルドや KFC はありません) と地元のレストランが混在していて、空港にローカルなアイデンティティを与えるべきだと彼は言いました。

私は彼に、それがランバートの得意分野だと言いました。 空港には他の空港ほど多くの飲食店はありませんが、ほとんどのレストランは地元にあります: The Pasta House、Mike Shannon’s Grill、Three Kings (およびそのメキシコ支部である Tres Reyes)、Schlafly、Urban Chestnut などです。 Anheuser-places. Busch など。

しかし、ここに住んでいない人にとって、セントルイスのことを特によく話す人は誰もいません。 ボルチモアではクラブ ケーキを、ダラスではバーベキューを楽しめます。 しかし、空港のパスタハウスでトーストしたラビオリを注文することの意味を知っているのは、セントルイスの住民だけです。

READ  経済はあなたが思っているよりも良い状態にあるかもしれません...今のところ