9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

元日産のボスがオルゴールを日本から脱出することについてオープン

D。

彼は、元日産のリーダーが日本で初めて箱から誘拐されたと説明した。

カルロス・コシンは、東京の路上で楽器の箱に乗り込み、レバノン行きのプライベートジェットに乗り込む前に、変装したとBBCに語った。

彼は次のように述べています。「フライトは午後11時に出発する予定でした。 飛行機のキャビンで30分待って離陸するのを待つのは、私がこれまでに経験した中で最も長い待ち時間です。 」

合計で、彼は箱の中で約90分を過ごすと言いました。

以前に日産とルノーを経営していたゴセン氏は、会社の資金を不正に流用した罪で逮捕されました-彼は否定しました-そして彼は拘置所に連れて行かれ、そこで彼は独房に閉じ込められました。

有罪判決を受けた場合、彼は最大15年の懲役に直面します。

彼は後に保釈され、自宅軟禁され、2019年12月に劇的に逃亡した。

以前にブラジル、フランス、レバノンのパスポートを持っていたビジネスマンは、彼がどのようにして国を離れることができたかを説明することを拒否した。

逮捕されたとき、彼はBBCに次のように語った。

「私が今持っている唯一の記憶はショック、凍ったショックです。」

カルロス・ゴセンが逮捕される前に、彼は日産とルノーを運転した。 (デビッドバリー/ BA) / PAアーカイブ

日産在職中に大幅なコスト削減を開始し、日本の自動車メーカーとルノーの戦いを「共同損害」と呼び、事業の43%を占める。

楽器の箱を使うことは「特にこの時期に日本でたくさんのコンサートがあったので、非常に論理的だった」と彼は言った。

脱出の日、彼は可能な限り普通に行動し、散歩に出かけ、ドレスを着て、ジーンズとコーチに着替え、プライベートジェットを待ってから東京から大阪への新幹線に乗りました。

READ  日本は2030年までに40%の新しいクリーンエネルギー目標を設定します