2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

元日本代表スターの小野がJ1シーズン最終戦でお別れを告げた

元日本代表スターの小野がJ1シーズン最終戦でお別れを告げた

日本のレジェンド、小野伸二氏が日曜、所属するJリーグ1部コンサドル札幌がシーズン最終節で浦和レッズに0-2で敗れたため、プロサッカー選手から引退した。

元サムライブルーとフェイエノールトのミッドフィールダーは、サッカーの天才であり、日本で最も技術的に才能のある選手の一人として称賛されており、日本のトップリーグでは最年長の44歳の選手である。

12月 2023年3月3日、札幌ドームで行われたJリーグ1部リーグの試合前半、コンサドーレ札幌の小野伸二選手(C)が浦和レッズ戦でフリーキックを蹴る。 (京都)

11年ぶりにJ1で先発出場した小野は、キャプテンマークと年齢にふさわしい背番号を身に着け、古巣のクラブで22分間白鳥の歌で登場した。 彼も背番号44のジャージを着ていた。 両チームメートと握手し、拍手を送り、札幌ドームのピッチを後にした。

ペースは落ちたかもしれないが、大野は依然としてシルキーなタッチを見せ、いくつかの素晴らしいパスで19分のペナルティエリアすぐ外でのフリーキックにつながり、スバチョクがサラサートを見つける前にこれを確実に蹴った。

「ピッチに立ってまだ20分しか経っていないが、自分の能力を発揮できると感じている」と小野は試合後のセレモニーで語った。このセレモニーには元フェイエノールトのチームメイト、ロビン・ファン・ペルシーや元日本代表からのビデオメッセージも含まれていた。 MF稲本潤一選手。

「10月17日に亡くなった母にも言葉を送りたいです。私を産んでくれて、サッカーという素晴らしいものを経験させてくれてありがとう」。

2023年12月3日に札幌ドームで行われた引退セレモニー後、スタジアムでファンに挨拶するコンサドル札幌の小野伸二選手。 (京都)

2023年12月3日に札幌ドームで行われるJリーグ1部の対浦和レッズ戦に先立ち、チームを率いてピッチに立つコンサドーレ札幌の小野伸二選手(C)。 (京都)

札幌はシーズンを12位で終えたが、アジア王者の浦和は勝ち点57で4位に終わり、7位のアビスパは終盤に福岡に1-0で勝利したものの勝ち点58で3位のサンフレズ広島を追い越すには至らなかった。

58分、札幌の主将・宮澤裕樹の足に当たって腕に弾かれたボールを、浦和DFアレクサンダー・スコールズがPKを決めた。 元日本代表とポルトのアタッカー中島翔哉は、72分に左足のシュートがディフェンダーの足を抜けて下隅に決まり、リードを2点にした。

小野は、1998年のフランスでのサムライブルーの大会デビュー時に18歳でワールドカップに出場した日本の最年少サッカー選手である。

静岡県出身の彼は、初ワールドカップの数カ月前の1998年に浦和に入団し、1999年4月にナイジェリアで開催されたU-20ワールドカップの世界ユース選手権で母国を準優勝に導いた。 MF稲本、遠藤保仁、ストライカー高原直泰ら「世代」の選手たち。

しかし、司令塔は同年7月のシドニー五輪予選フィリピン戦で左膝靱帯を断裂し、完全に回復することはなかった。

しかし、大野選手は、前年夏に浦和からオランダの強豪クラブに移籍して最初のシーズンとなった2002年にフェイエノールトでUEFAカップで優勝し、ヨーロッパの主要なトロフィー、現在のヨーロッパリーグを獲得した初の日本人選手となった。

小野は2002年と2006年のワールドカップに出場し、日本代表として計56試合に出場して6ゴールを記録した。 2006年にフェイエノールトから浦和に復帰し、その後の2シーズンでJ1、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグのタイトルを獲得した。

その後、ドイツのボーフム、清水エスパルス、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ、札幌、そして当時日本の2部リーグだった沖縄に本拠を置くFC琉球でプレーし、2021年に札幌に戻った。 J1通算207試合で29ゴールを記録した。

12月 2023年3月3日、札幌ドームで行われたJリーグ1部リーグの試合の前半、途中出場前に浦和レッズの選手たちと握手するコンサドーレ札幌の小野伸二選手(左から2人目)。 (京都)

12月 2023年3月3日、札幌ドームでの引退セレモニー後、チームメイトから胴上げされるコンサドーレ札幌の小野伸二選手。 (京都)

新チャンピオンのヴィッセル・コープはカンバ大阪に1-0で勝利し、勝ち点71で初タイトルを獲得したが、2022年優勝者の横浜F・マリノスは京都サンガに3-1で敗れた。

マリノスのFWアンデルソン・ロペスが唯一のゴールを決め、今季得点を22得点とし、神戸のFW大迫勇也と並んで得点王となった。

横浜FCは5位鹿島アントラーズに2-1で敗れ、勝ち点29に下がった。 名古屋グランパスは柏レイソルと1-1の引き分けで6位に後退した。

川崎フロンターレはサガン鳥栖に1-0で勝利し、FC東京は少年ベルマーレに1-0で勝利した。 アルブレヒト・ニキータはアウェーのセレッソ大阪に同スコアで勝利した。


関連報道:

サッカー:ヴェルディの目標は開幕勝利での昇格

サッカー:ヴィッセル・コープが自分のスタイルを見つけ、パックの不運がトップに

サッカー:Jリーグ壮行会で涙のイニエスタがファンと愛を分かち合う


READ  日本は12月1日からCOVID-19ブースターショットを提供します