3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

債券混乱の中、日本円は対米ドルで年初来安値を更新中

債券混乱の中、日本円は対米ドルで年初来安値を更新中

今日の日本円は、昨夜深夜からの一連の損失の後、下落を続けました。 米ドルの対日本円(USD/JPY)は今年最高水準となる148.458円を記録し、昨年11月以来の高値となった。 ドルと円は日銀の金融政策決定発表後も上昇を続け、今朝の上昇ピークでは148.419円に達した。

超緩和的な金融政策を維持し、10年債利回りマージンを以前のガイダンスの範囲内に維持するという日銀の決定は予想通りだった。

これは、年間インフレ率が成長に戻ったにもかかわらず発生した。 昨年8月の全国コア消費者物価指数(CPI)は前年比3.1%の伸びを記録し、予想の3.0%を上回った。

同氏は「マイナスの経済指標が続いているにもかかわらず、インフレ率が高いにもかかわらず、日銀は金融引き締め政策に移行することに一段と慎重になるかもしれない」と述べた。 サマル・ハッサン, XS.comのマーケットアナリスト。 「日銀の製造業活動はさらに縮小し、製造業PMI測定値は48.6と昨年2月以来の低水準となり、予想の49.9には程遠い。」

外国為替市場でも第2・四半期のGDP伸び率が予想を下回った。 設備投資、鉱工業生産、家計支出が予想よりも大幅に減少したことに加え、失業率は2.7%に達し、昨年8月には予想外に大幅な貿易収支赤字が発生した。

日本の当局はJBY市場への介入に消極的

日本円が主要通貨に対して下落し続けていることを考えると、日本の当局は自国通貨の変動を制御するために外国為替市場に介入することに積極的ではないようだ。

財務大臣 鈴木俊一 日本人は、貿易収支の赤字を通じてすでに見てきたように、結果として生じる極度の変動が経済にさらなる悪影響を及ぼし、対外貿易が減少することを恐れて、円介入や円支持に消極的であると語っている。 昨年8月には9300億ドルに達し、過去最高を記録した。 昨年の5月以来。

債券市場では、10年日本国債利回りがさらに過去最高値を更新し、昨日の上昇ピーク時には0.771%に達しました。 しかし、これらの利上げは日本円を十分に下支えすることができませんでした。

米10年国債利回りは過去最高を更新し、本日早朝のアジア取引で4.509%に達し、2007年以来の高水準となった。

その結果、10年米国債と日本株のスプレッドは今年、史上最高値に達した。 昨年11月以来、3.751%というこの領域には入っていない。

これが日本円への圧力をさらに強めた可能性がある。 さらに、最近の動向は日本の債券市場全体の下落を反映しており、日本国債のパフォーマンスに連動するiシェアーズ・コア日本国債ETF(2561)は昨年1月以来の安値を記録した。

READ  日本の岸田首相は、インドでの新しいインド太平洋計画を発表する予定です