8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

健康的な職場づくりを推進するため、オフィスに「ナップボックス」を設置

健康的な職場環境を促進するために、イトーキ株式会社と光洋十コーエン株式会社の2つの日本企業が協力して、縦型の「ノブボックス」を国内に導入しています。 このコラボレーションは、北海道を拠点とする合板メーカーの光陽樹コーエンと東京を拠点とする家具スペシャリストのイトーキが出会ったビジネスマッチングイベントから始まりました。 によると ブルームバーグ 両当事者は7月14日木曜日にライセンス契約を締結し、KoyojuCohenは現在「ノブボックス」を設計しています。 また、価格と可用性の両方がまだ決定されていません。

家具メーカーイトーキのコミュニケーションディレクター、川島佐子氏は語った。 ブルームバーグニュース「日本では、しばらくトイレに閉じ込められている人がたくさんいます。 [to nap]、私はそれが健康だとは思わない」。 そして、「快適な場所で寝た方がいい」と監督は付け加えた。

フルシフトや長い旅をカバーするために日中に寝る習慣は、日本人労働者にはよく知られていることに注意するのが適切です。 ブルームバーグ 報告。

日本のナップザック

情報筋によると、スタイリッシュな給湯器のように見えるこのデバイスは、ユーザーが頭、膝、背中に落ちるのを防ぎます。 ニューヨークポスト 報告。 眠っているポッドのユーザーは、ポッドの内側に直立しています。 これらのユニットは、従業員が日中にすばやくパワーナップをとることができるように職場に設置されます。

そして、引用された2016年の政府調査によると CNBC、 日本の企業のほぼ4分の1は、多くの場合、労働者に追加料金なしで毎月80時間以上働くことを要求しています。 ボックスの設計者は、それが日本の厳格なオフィス文化に対処するのに役立つことを望んでいます。

「多くの日本人は休むことなく継続的に働いていると思います」と川島氏は語った。 ブルームバーグ 報告。 同氏はさらに、「企業はこれをより柔軟な引退アプローチとして利用できると信じている」と付け加えた。

日本の過労問題

さらに、日本は世界で最も長い労働週のいくつかを持っています。 また、日本人は十分な休暇をとっていません。 CNBC 報告。 Expediaの調査によると、日本人従業員は平均10日間の有給休暇を利用しておらず、回答者の63%が有給休暇を取ることに不満を感じていました。

ただし、稼働日が長くなると、必ずしも出力が向上するとは限りません。 OECDの生産性指標の編集からのデータによると、日本は実際にG7諸国の中で最も低い生産性を持っています。 CNBC 報告。

画像:@BYDY_LASKA_TWITTER

READ  従来の取引手数料が四半期利益に打撃を与えたため、日本の野村は下落した