2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

体操ワールドカップで橋本チームが優勝

体操ワールドカップで橋本チームが優勝

アントワープ(ベルギー)(AFP) – 橋本大樹選手は、パリオリンピックの10か月前の火曜日、アントワープで日本チームが体操の世界タイトルを取り戻すための最後のルーティンを行った。

公開日: かわった:

1分

昨年銀メダルの日本は255.594点を獲得し、前回優勝者の中国を1.80点上回った。

中国はリング上でベストスコアでフィニッシュした。 これは日本の最後の選手である橋本にプレッシャーをかけたが、最後の鉄棒着地で勝利を決定づけた。

米国は252.428点で表彰台を獲得した。 英国は249.461点で4位となった。

日本は日曜日の予選を制し、7回目のチームタイトルを獲得した。

2年前の東京オリンピック個人総合と鉄棒のチャンピオンである橋本と彼のチームメイトは、2015年以来となる日本にとっての世界王座を獲得した。 それ以来、彼らは3回の世界選手権すべてで表彰台を獲得しています。

予選8位で決勝に進出した中国勢は火曜日に盛り返した。

水曜日も女子チームの競争は続き、アメリカのシモーネ・バイルズが2年ぶり26個目の世界メダル獲得を目指している。

READ  ジャイアントパンダ、エイミー中日友好大使を任命 - 新華社