12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

伊豆城のキセキソダシと府中牝馬が日本のレースで動揺 | ブラッドストックニュース

高橋正和

” title=”伊豆城の軌跡府中牝馬ステークスで外国人がそだしを破る” class=”js-imageLoader” data-at-xn=”https://www.rp-assets.com/images/news/2022/10 / 15/117566-medium.jpeg” data-br-n=”https://www.rp-assets.com/images/news/2022/10/15/117566-medium.jpeg” data-br-m= ” https://www.rp-assets.com/images/news/2022/10/15/117566-max.jpeg” data-br-w=”https://www.rp-assets.com/images/news /2022/10/15/117566-max.jpeg” data-br-xw=”https://www.rp-assets.com/images/news/2022/10/15/117566-max.jpeg” をクリックfalse を返す;”>

アウトサイダー伊豆城のキセキが府中牝馬Sでソダシを破る

高橋正和

東京のグレード 2 府中牝馬ステークスでは、伊豆城の軌跡が、複数のグレード 1 勝者である日本のレーシング ダーリン ソタシを破って初のグレード優勝を果たしたため、注目すべき番狂わせがありました。

34 対 1 のチャンスで退場となった Epiphania の 5 歳の娘は、昨年の Oga Show 優勝者を 1 点差で下し、G2 優勝者の Antvaranat は 3 位でした。 石坂浩一調教牝馬は21戦5勝目。

泉一郎によって繁殖された彼は、優勝したキング カメハメハ マーレ キング ダンサーの 3 番目の子馬となり、社台スタリオン ステーションに立っている彼の種雄牛の 5 番目の個別格付ステークス勝者となりました。

現在 12 歳の Epiphania は、エフォリア、ダーリング ドッグ、サークル オブ ライフなどの輝かしいキャリアの責任者であり、キクカ ショーとジャパン カップをトラックに上陸させました。

勝者の岩田康成は「いいレースだったのでうれしかったです。ソタシが目の前にいることはわかっていたので、後を追えば差が開くと思っていました。

「伊豆城の軌跡が東京のホームストレートに足を踏み入れてくれたから勝てた。オーナーは園田騎手時代から応援してくれているので、その期待に応えて勝てて嬉しい。一級品」彼女と競争してください。」

そだしの吉田隼人騎手は「1ハロンあたりは我慢できると思っていたが、ラインまで行ってしまった。ペースは速かったが、この距離でベストを尽くした。前線に近づき続けるのは悪い考えだ」と私は思った.

トレーナーの須井直輔氏は「彼女は素晴らしいレースをした。1800メートルでもうまく走り、最後まで走ることができた。前に出ると、彼女は何もしていないように見えた」と付け加えた。


続きを読む

「She’s a Peculiar」 – 10 人のソブリンと絶賛のトップブック 3 でいっぱい

Gleneagles Gold は 140,000 グラムをもたらし、Book 3 は 8 つの 6 桁で始まります。

ロペ デ ベガがブック 2 で 650,000gns の記録を達成


2022 年 10 月 15 日午後 1 時 15 分に最初に公開されました

READ  MIMEDX EPIFIX®が日本で償還承認を取得