4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

今年日本最大のIPOで4社がテストデビューに向けて取り組んでいる

今年日本最大のIPOで4社がテストデビューに向けて取り組んでいる

トライアルホールディングスの日本IPOのご紹介

日本のディスカウントストアチェーン運営会社であるトライアル・ホールディングスは、東京証券取引所での世界規模の新規株式公開(IPO)を成功裡に完了し、約2億5,800万ドルを調達した。

スキャデン、アープス、スレート、ミーガー&フロムはトライアル・ホールディングスの米国法律顧問を務め、法人パートナーの種田健二氏、弁護士の清田健氏、東京に拠点を置くアソシエートの熊本哲也氏とジャボン・ムーン氏が率いる。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所がトライアル・ホールディングスの日本の法律顧問を務め、船越かやき氏と野原しんべえ氏がリードパートナーを務めました。

森・浜田・松本法律事務所は、根本敏充リードパートナーとともに両銀行の日本の法律顧問を務めました。

Davis Polk & Wardwell は銀行を代理し、米国連邦証券法の遵守を確保しました。 同社は主要パートナー情報の要求に応じなかった。

この IPO は国際投資家から大きな関心を集め、ダイワ・キャピタル・マーケッツ・ヨーロッパ、モルガン・スタンレー、シティグループ・グローバル・マーケッツが国際代表を務めました。 合計15,768,600株の国際株式が購入されました。

2024年3月19日に完了するこのIPOは、今年これまでに日本で完了したIPOとしては最大規模となる。

READ  FXの過度のボラティリティは望ましくない