3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

今年ギリシャ沖で最悪の移民船難破、数十人が溺死

今年ギリシャ沖で最悪の移民船難破、数十人が溺死

アテネ(ロイター) – ギリシャ沖で今年国内最悪の遭難事故が起き、過積載のボートが転覆した後、水曜日早朝に少なくとも59人の移民が溺死し、さらに多くが行方不明の恐れがあると沿岸警備隊が発表した。

当局は正午までに104人が救助されたと発表したが、船が沈没した際に何人がボートに乗っていたかは明らかになっていない。

「死者数が増えるのではないかと懸念している」と海運省当局者は匿名を条件に語った。

欧州国境局フロンテックスは火曜日遅く、ギリシャ南部の沿岸都市ピュロスの南西約50マイル(80キロ)の公海でこのボートを初めて発見した。

そのとき、沿岸警備隊の船がイタリアに向かう船に近づき、救助を申し出た。

沿岸警備隊は、外甲板にいた多数の移民が「援助を拒否し、旅を続ける希望を表明した」と述べた。

数時間後、ボートは転覆して沈没し、捜索救助活動が行われた。

国営ラジオとテレビによると、彼らはギリシャのクレタ島南部にあるリビアの都市トブルクから出航し、そのほとんどが20代の若者だった。

ギリシャ当局は出発港をすぐには確認していないが、海運省当局者は、乗船者のほとんどがエジプト、シリア、パキスタンから来たと述べた。

生存者はカラマタの町に連行された。

ギリシャは現在、6月25日の国政選挙に向けて暫定政府が主導しており、中東、アジア、アフリカからの難民や移民が欧州連合に流入する主要ルートの1つとなっている。

ほとんどは隣国のトルコからギリシャの島々に渡りますが、トルコからギリシャを経由してイタリアに向かう、より長く危険な旅をする船も増えています。

国連のデータによると、今年これまでに約7万2000人の難民と移民が欧州の最前線諸国であるイタリア、スペイン、ギリシャ、マルタ、キプロスに到着しており、その大半がイタリアに到着している。

(レポート:Carolina Tagaris) 編集:Sharon Singleton、John Stonestreet

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ロイド・オースティン国防長官、入院から回復