10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

人民元建ての中国のソブリン証券を回避するための日本のGPIF

日経年金積立金管理基金は、元価値の中国国債をポートフォリオに含めないことを決定したと日経は学んだ。

この動きは、英国のインデックスプロバイダーであるFTSEラッセルが3月に、中国政府の証券を主要インデックスであるFTSE世界証券インデックス(WGBI)に追加することを決定した後のことです。 WGBIの行動は、10月下旬から始まる3年間で段階的に行われます。

世界最大の機関投資家の1つがGPIFコードを使用しています。

GPIFは、不動産会社のチャイナエバーグランデグループに債務危機が発生した後、国の不確実な債券市場やその他の要因により、ポートフォリオへの中国のソブリン債務の追加を停止することを決定しました。

6月末現在、GPIFは193兆円(1.7兆ドル)の資産を管理しており、そのうち47兆円が外国証券にさらされていた。 これは現在、人民元建ての中国国債へのエクスポージャーではありません。

中国の国債は米国よりも利回りが高いが、リスクが高く、世界的な混乱の中で売却が難しいと感じている。

GPIFはWGBIを利用して約20兆円を管理しています。 市場は、中国国債がWGBIに追加された後、GPIFインデックスに投資するかどうかについて興味を持っていました。

GPIF指数に固執して中国国債に投資すると、債券投資額は約1兆円になります。 GPIFは中国の債券や決済システムなどの市場を調査したようであり、Evergrandeは危機前に国内で投資を凍結する可能性について話し合っていました。

日本では、一部の大手保険会社が中国の債券を購入し始めています。 しかし、日本の投資家は一般的に欧米の投資家に比べて証券への積極性が低く、より高い利回りを求めています。

GPIFの活動に照らして、他の日本の機関投資家は中国の債券に対してより慎重なアプローチを取るかもしれません。

READ  旅行ニュース:日本、オーストラリア、アルゼンチンが再開の計画を明らかに