6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

人権団体、イスラエルがレバノンで住宅を白リンで爆撃したと非難

人権団体、イスラエルがレバノンで住宅を白リンで爆撃したと非難

ベイルート(AP通信)-世界人権団体は水曜日に発表した報告書で、紛争に見舞われたレバノン南部の少なくとも5つの町や村で住宅建物に白リン焼夷弾を使用し、民間人に危害を加える可能性があり、国際法に違反しているとイスラエルを非難した。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは報告書の中で、レバノンでは白リンによる火傷の証拠はないが、研究者らは「呼吸器系への損傷の可能性を示す報告を聞いた」と述べた。

人権活動家らは、物議を醸している人口密集地への弾薬の発射は国際法の下で犯罪であると主張している。

この白熱した化学物質は建物に火をつけ、人間の肉を骨まで焼き尽くす可能性があります。 生存者は、たとえ火傷が軽度であっても、感染症や臓器不全、呼吸不全のリスクにさらされています。

イスラエル軍はAP通信に対し、軍需品と白リン弾の使用に関する国際法を遵守しており、この化学物質は煙幕としてのみ使用しており、民間人を標的にしていない、と語った。 声明はさらに、「IDFの手順では、一部の例外を除いて、そのような砲弾は人口密集地域では使用しないことが求められている」と付け加えた。

ヒューマン・ライツ・ウォッチの報告書には、紛争に苦しむ南レバノンの住民8人へのインタビューが含まれており、同団体は、レバノン国境の5つの町や村の住宅に白燐弾が落ちている様子を示す約47枚の写真とビデオから画像を検証し、位置特定を行ったと述べている。

レバノン保健省は、少なくとも173人が白リンへの曝露により治療を必要としていると発表した。

研究者らは、物議を醸している焼夷物質が、8か月にわたる戦闘で最も被害を受けた町の一つであるカフル・キラ、メイズ・アル・ジャバル、アル・ブスタン、マルカバ、アイタ・アル・シャーブの住宅地で使用されたことを発見した。

アムネスティ・インターナショナルと並ぶニューヨークに本拠を置く人権団体です。 イスラエルは住宅地で白リンを使用した疑いもある 2023 年 10 月まであと 1 か月以内 衝突が始まった 10月7日にイスラエルとハマスの間で戦争が勃発した翌日、レバノンとイスラエルの南部国境沿いでイスラエル軍と強力な組織ヒズボラの間で起こった。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは報告書の中で、2023年10月以降、国際刑事裁判所がレバノン国内の「重大な国際犯罪」を捜査し訴追することを許可するようレバノン政府に求めた。

「イスラエルによる最近のレバノンでの白リン使用は、他の国々がこの目標を達成するために直ちに行動を起こすよう促すはずだ」とヒューマン・ライツ・ウォッチのレバノン研究員ラムジ・カイスは述べた。

レバノンでは400人以上が死亡し、そのほとんどが戦闘員だったが、その中には70人以上の民間人や非戦闘員も含まれていた。 イスラエルでは10月以降、兵士15人と民間人10人が殺害された。 国境の両側で数万人が避難した。

___

イスラエルのテルアビブに拠点を置くAP通信の記者メラニー・リードマンがこのレポートに寄稿した。

READ  炎が消えたとしても、キューバの大規模な火災は不安定性への恐怖を煽る | キューバ