12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

人工衛星8個を搭載した宇宙開発事業団のロケットが失敗

日本の宇宙機関は、8個の衛星を搭載したロケットが水曜日の打ち上げ直後に失敗したと述べた.

宇宙航空研究開発機構は、イプシロン 6 ロケットが正体不明の「異常」を経験し、鹿児島県の内之浦宇宙センターから打ち上げられてから 7 分も経たないうちに飛行が停止したと述べた。

JAXAの関係者によると、ロケットが安全に飛行できず、計画された軌道に入ることができないと判断した後、JAXAは自爆信号を送った。 彼らは、ロケットがペイロードと共に海に落ちた可能性があると信じている.

失敗の原因はまだ調査中である、と同社は述べた。

イプシロン ロケットは 8 つのペイロードを搭載しており、そのうちの 2 つは福岡県南部に拠点を置く民間企業によって開発されました。 イプシロンロケットが商業的に開発されたペイロードを搭載したのはこれが初めてでした。

JAXA が別のバリエーションの開発を計画する前の、長さ 26 メートル (85 フィート)、95.6 トンの固体燃料イプシロン 6 ロケット、イプシロン S の最終バージョン。 2010 年代初頭から 5 回のアップグレードを経て、JAXA が商用衛星打ち上げビジネスの構築を目指しているため、イプシロン 6 は小規模な打ち上げが予定されています。

水曜日の敗戦により、2013 年の最初のデビュー以来のイプシロン シリーズの連勝は終わりました。 2003 年の H2A ロケットの失敗以来、JAXA にとって初めてのことでした。

もともと先週の金曜日に予定されていた打ち上げは、宇宙での衛星の配置のために遅れました。

READ  石油が3年ぶりの高値に達する中、アジアのシェアは躊躇している