6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

京都マナーハウスで冷たいデザートを提供 – SoraNews24 -Japan News-

京都マナーハウスで冷たいデザートを提供 – SoraNews24 -Japan News-

夏の暑い日に寺院巡りにうんざりしていませんか? ここはおそらく街で一番リラックスできる場所です

日本の夏は高温多湿であるため、花火大会やパンダンスなどのこの季節の伝統的なエンターテイメント活動は、気温が下がった夜に行うのが最適です。 日中は定期的に休憩をとり、太陽の光を浴びて水分補給をすることが大切です。 京都盆地状の地形条件は特に白化が進んでいます。

幸いなことに、京都には、涼しい飲み物で涼むのに最適な、両方の意味で非常にクールな場所があります。 西尾八ッ橋の里

和菓子ファンなら八ッ橋メーカーの西尾をよく知っているでしょう。三角折りの餅に甘い小豆が入った八ツ橋は、西尾をはじめとする菓子メーカーが作った京都を代表するお菓子です。市内全域での販売。

京都市左京区の西尾本店の隣にあるのが「西尾八ッ橋の里」。 伝統的な日本家屋を改装した低料金の料理とデザートを提供するレストラン

▼ 荘厳な邸宅の外壁

暖かくなってきたので、西尾八つ橋の里では冷たいおしるこをはじめとした夏のデザートの提供を開始しました。

おしるこは日本の伝統的なデザート、甘い小豆粥です。 温かく提供されることが多いですが、提供前の冷たいおしるこは甘くて爽やかです。西尾八つ橋の里では、透明なみすまん中を加えて、冷たいおしるこを周囲と同じように美しく仕上げます。

もちろん、日本の夏のデザートを抜きには語れません。 かき氷または カッコー日本語ではそう呼ばれています。

西尾八ッ橋の里のかき氷は3種類 キンドギ スタイル(つまり、甘い豆を使用)。 上の写真のように マッチ箱 お店で淹れたお茶を使用した金時は、爽やかな酸味の後に、 いちご 金時と ゆず (風味的にはレモンとオレンジの間の日本の柑橘類)金時、後者の 2 つのフルーツのスライスを含む。 3種類のかき氷には練乳が添えられており、お好みの甘さでかけていただけます。

最後に、 黒糖シャーベットは、沖縄の黒糖、溶かした生姜、そしてご存知のとおり、甘い小豆で作られており、複雑な風味が魅力的な組み合わせになっています。 西尾八つ橋の里では、黒糖シャーベットは一年中販売されているが、夏は格別の味わいであることを知ってもらいたいとしている。

おしること黒糖シャーベットは780円(5ドル)、かき氷は1,080円。 日本のデザートとしては少し高めですが、優雅な雰囲気と便利な立地(西尾八ツ橋の里は京都屈指の神社の一つ、平安神宮の向かいにあります)を考えると、ここで充電するのは贅沢です。 京都観光はそれだけの価値がありそうです。

レストラン情報
西尾八ッ橋の里 / 西尾八ッ橋の里
住所:京都府京都市左京区聖護院西町6
京都府京都市左京区聖護院西町6
営業時間 午前11時から午後4時15分まで
月曜日定休
Webサイト

出典、画像: PRタイムズ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローして そして ツイッター

READ  JAPAN TEENAGE STABBER VOICES すべきだ