6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

予想以上のインフレで日本円が上昇

予想以上のインフレで日本円が上昇

週は損失で始まったが、日本円は火曜日に反発した。 欧州取引では、USD/JPYは0.37%安の145.67で取引されている。

日銀のコアインフレ率は3.3%に上昇

本日初め、日本は中央銀行が推奨するインフレ指標の一つである日銀コアインフレ率を発表した。 日本がデフレを経験していたとき、インフレ報告は精彩を欠いた出来事だった。 世界中で高インフレが起こっている今、すべてが変わってしまいました。 日本のインフレ率は3~3.5%と比較的低いが、依然として日銀の目標である2%を上回っており、日銀が政策引き締めを行うとの期待が高まっている。

日銀は7月のコアインフレ率が前年比3.3%に上昇したことに驚いた。 これは6月の3.0%やコンセンサス予想の2.9%を上回った。 先週、全国コアCPIは7月に3.1%、6月に3.3%に低下した。 インフレがどちらの方向に進んでいるかを知るには、さらなるインフレ発表を待つ必要があります。 いずれにせよ、日銀のコアインフレ生産は予想よりも高く、日本円を押し上げた。

市場はジャクソンホールに注目

8月下旬であれば、ワイオミング州の景色を楽しんでいる連邦政府職員がたくさんいるはずだ。 パウエルFRB議長は木曜日に始まる年次ジャクソンホールシンポジウムを主催する。 投資家がFRBの将来の金利政策に関する手掛かりを探している中、パウエル氏は金曜日に非常に期待されていた講演を行う。

中銀は来月利上げすると予想されているが、中銀が11月の会合で利上げを行うか、それとも利上げを延期するかでトレーダーの意見は分かれている。 パウエル議長の発言は、FRBが11月に何を計画しているのかを知る手がかりとなる可能性がある。 インフレは正しい方向に進んでいるが、インフレ率を2%に下げる戦いはまだ終わっていないため、中銀は市場が満足しすぎることを望んでいない。 私はパウエル氏がジャクソンホール演説で慎重な、おそらくタカ派的なメッセージを送ることを期待している。

米ドル/円テクニカル

  • USD/JPYは146.41でサポートを試している。 次のサポートラインは145.54です。
  • 147.44と148.31に抵抗あり

内容は一般的な情報提供のみを目的としています。 これは投資アドバイスや有価証券の売買に関する解決策ではありません。 コメント作成者; 株式会社OANDAビジネスインフォメーション&サービス必ずしもその子会社、関連会社、役員、取締役である必要はありません。 株式会社OANDAビジネスインフォメーション&サービス MarketPulse で見つかったコンテンツを複製または再配布したい場合は、受賞歴のある外国為替、コモディティ、グローバル指数の分析およびニュース サイト サービスを提供しており、RSS フィードにアクセスするか、info@marketpulse.com までご連絡ください。 Global Markets Pulse の詳細については、https://www.marketpulse.com/ をご覧ください。 © 2023 OANDA Business Information & Services Inc.

READ  古代の海を恐怖に陥れた日本の「龍」