1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国製電気自動車の日本での利用

日本は自動車市場の中心地として知られています。 トヨタ、ホンダ、マツダ、日産は、日本の自動車産業の巨人です。 発展途上国では、燃費の良い日本車や中国車の需要が高い。

発展途上国の人々が直面する主な課題は、自動車のスペアパーツが見つからないことと、見つかったとしても非常に高価なことです。 車を別の国で利用できるようにするには、車のユーザー マニュアルを顧客が理解できる言語に翻訳する必要があります。

プロの翻訳サービス これは、新しい海外市場への参入を検討している自動車会社にとって大きな助けとなるでしょう。

日本と中国の自動車市場の対比

日本が巨大な自動車産業を持っていることは間違いありませんが、日本での新エネルギー車の普及率が中国の 15% に比べてわずか 1% であることを知って驚かれることでしょう。 数字によると、2018 年から 2021 年までの NEV の販売は、2021 年の中国での総販売のわずか 4% に過ぎません。

これは、日本が EV 生産にとって魅力的な市場ではないことを示しています。 したがって、日本政府は、自動車業界が EV 製造ユニットを建設できるように補助金を提供することで、EV の販売に関心を持っています。

注目すべき重要な点は、低燃費車であれ EV であれ、自動車は 1 つの国で製造されるわけではないということです。

車両のスペアパーツは他国から輸入され、他国で組み立てられます。 日本でEV車を組み立てたい場合は、車両翻訳サービスを利用する必要があります. この翻訳サービスは、問題なく車を組み立てるのに役立ちます。

燃料電池自動車とバッテリー電気自動車とその未来

燃料価格の高騰により、燃料電池電気自動車やバッテリー電気自動車が話題になっています。 日本や韓国などの国は、自動車産業の未来は水素燃料にあると考えています。 しかし、中国はバッテリー式電気自動車に力を入れています。

これら 3 つの国の概念を理解するには、技術翻訳サービスが大いに役立ちます。 テスラなどの大手 NEV メーカーの 1 社は、中国の NEV 市場をトップに押し上げ、今年の市場シェアは 50% に達しました。

燃料電池電気自動車とバッテリー電気自動車を比較すると、さまざまな企業や政府が提供するインフラが整備されているため、燃料電池電気自動車の方が有利であることがわかります。

一方、電気自動車は単価と光熱費の面でリードしています。 両方のテクノロジーのダイナミクスを理解することができます 技術および技術翻訳サービス.

現在のマクロ経済状況を考えると、自動車業界とさまざまな国の政府は、燃料電池電気自動車の使用を増やすためのインフラストラクチャ イニシアチブを講じる必要があります。

燃料電池電気自動車とバッテリー電気自動車の実用性の違いを理解するには、手助けが必要です 車両翻訳会社.

日本の電気自動車市場におけるBYDの台頭

中国の広東省と深圳に本拠を置く中国最大の自動車メーカーである中国の BYD は、日本で 3 台の電気自動車を発売しました。 これらの車の名前は、アット 3、シール、ドルフィンです。 日本の電気自動車市場はそれほど大きくないため、BYD がどのように日本の電気自動車市場に参入したかを見てみましょう。

  • BYDはすでに日本で電気バスを販売しているため、日本では初心者ではありません。 さらに、BYD は関西電力、京阪バス、トヨタなどの企業と良好な関係を築いており、日本人の消費パターンを熟知しています。
  • 燃費と走行距離の面でより良いサービスを提供します。
  • 日本政府は、BYD が充電ポイントと充電ステーションの数を増やすのを支援する必要があります。 中国と日本の主な違いは、中国は日本に比べて充電ポイントと充電ステーションの数が多いことです。 そのため、日本は充電ステーションと充電ポイントに投資する必要があります。 このため、日本政府は人々が EV 充電ステーションを開設するための補助金を提供しています。
  • 日本人は電子機器に特別な趣味を持っています。 たとえば、ほとんどの人は iPhone SE を購入したいと考えています。 しかし、日本人は大画面のスマートフォンを好む。 乗り物も同じテイスト。 最小の車種である軽自動車タイプは、日本のローカル市場で非常に人気があります。
  • BYD が日本で発売した 3 つのモデルのうち、ドルフィン車は軽自動車に似ています。 起亜自動車が日本で人気がある理由のいくつかは次のとおりです。
  1. 日本の主要都市の道路は狭い
  2. 駐車スペースに限りがあります
  3. 日本には山道がたくさんあります

中国の EV の課題と機会

従来の内燃機関に対して、中国はNEVで大きな役割を果たしています。 現在、電子制御システム、モーター、バッテリーなどの革新的な技術が中国で開発されています。

中国のNEVが世界市場を圧倒的に支配していることは非常に驚くべきことです。 中国の従来の企業とNEV企業は、戦略的に海外市場に参入したいと考えており、海外市場に参入するには、サービスを取得する必要があります。 翻訳サービス会社 コミュニケーションの障壁を減らします。

中国、米国、ヨーロッパは、EV の最も繁栄しているマーカーです。 世界の残りの部分は、教育と学習の段階にあります。 この点で、新エネルギー車メーカーは、日本のような市場に参入するための包括的な戦略を立てる必要があります。

コストは、古い車両を交換する際に大きな役割を果たす主要な要因です。 中国のNEVメーカーは、価格をコントロールし、中国で自動車の部品を製造するよう努めるべきです。

ラッピング

他の分野とは異なり、自動車分野では技術的適応の適用が非常に重要です。 車の革新的な機能、燃料効率、車の手頃な価格により、人々は燃料電池電気自動車やバッテリー電気自動車に移行するでしょう。

NEV テクノロジーで日本にアプローチするには、プロの翻訳会社の助けを借りて、人々が新しいテクノロジーに容易に適応できるようにする必要があります。

READ  日本なかま | 何世紀にもわたるマンガの進化