7月 16, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国の日本産水産物輸入量は8月に68%減少

中国の日本産水産物輸入量は8月に68%減少

中国政府が月末に隣国から出荷される水産物の全面禁止措置を導入したことを受け、中国の税関データが月曜日に明らかにしたところ、日本からの中国の水産物輸入量は8月から67.6%減少した。

減少ペースは、福島第1原発が故障した7月の28.5%から加速した。 1 これに対し、中国は8月24日から原子力発電所から出る放射性物質を処理した水の海洋放出を全面禁止した。

データによると、8月に中国は日本から1億4,902万元相当の水産物を輸入した。 中国政府は福島の放水を「核汚染されている」として強く反対し、日本に即時中止を要求した。

中国は、8月下旬に放水が始まる前の7月上旬に、日本から輸入する水産物に一括放射線検査を導入するなど、すでに規制を強化していた。

一括検査に必要な税関手続きの長期化により、7月には中国の日本からの冷蔵鮮魚輸入量が大幅に減少し、流通業者や日本の輸出業者に損害が生じた。

中国は8月下旬、国際貿易ルールを管轄する世界貿易機関に緊急輸入禁止を通告し、日本は抗議した。

日本政府は9月初旬にWTOに提出した文書の中で、中国政府の輸入停止は「全く容認できない」と主張し、近隣諸国に対し「行動の即時取り消し」を引き続き求めていくと述べた。

国際原子力機関は7月の報告書で、福島の水放出計画は世界の安全基準と一致しており、人々と環境への影響は「最小限」であると結論付けた。

READ  マヌ・サモアが元オールブラックスとワラビーを日本戦に解き放つ