5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国のロケットが月の裏側に打ち上げられる

中国のロケットが月の裏側に打ち上げられる

画像ソース、 ゲッティイメージズ

中国は月の裏側からサンプルを採取する探査機を打ち上げたが、この種の探査機は世界初と言われている。

嫦娥6号探査機を搭載した無人ロケットは現地時間17時27分頃(日本時間10時27分)、文昌宇宙発射センターから打ち上げられた。

53日間のミッションは、分析のために約2キログラムの月のサンプルを地球に持ち込むことを目的としている。

地球に面した月面からの再打ち上げを試みる。

これは、月が太陽光を受けないからではなく、地球からは見えないため、月の暗黒面として説明されます。

地殻はより厚く、より多くのクレーターがあり、手前側は古い溶岩流であまり覆われていません。

科学者たちは、これによって月がどのように形成されたかを解明するのに役立つ物質を収集できるかもしれないと期待している。

中国月探査航空宇宙工学センターの副所長、季平氏は打ち上げ前に記者団に対し、「嫦娥6号は初めて月の裏側からサンプルを採取することになる」と語った。

この探査機は、中国神話の中で最も人気のある登場人物の一人である月の女神にちなんで名付けられました。

幅約2,500キロ(1,553マイル)、深さ最大8キロ(5マイル)の南極エイトケン盆地に着陸すると予想されている。

その後、月の土や岩石を採取し、実験を行うことを目指している。

この打ち上げは、中国がこの10年間に計画している3回の無人月探査計画のうちの最初のものとなる。

嫦娥7号は月の南極で水を探し、嫦娥8号は国際月研究ステーションとして知られる基地計画の建設の技術的実現可能性を判断しようとする。

金曜日の打ち上げは、米国と競合する中国の宇宙探査計画の最新段階を示すものである。

5年前、中国は月の裏側に探査機を着陸させた最初の国となった。

2030年までに、最初の宇宙飛行士を月に送り、火星と木星からサンプルを収集するための探査機を送ることを目指している。

READ  割れにくい環境に優しいガラス