6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国と日本は4年ぶりに防衛協議を行っている

中国と日本は4年ぶりに防衛協議を行っている

  • 中国は「冷戦の精神」の復活に懸念を表明
  • 日本は長距離ミサイルを含む兵器を備蓄している
  • 日本は東シナ海の島嶼問題を懸念している

2月、東京 [22日 ロイター] – 中国は、日本の軍事力増強を懸念しており、水曜日に行われたロシアとの軍事関係や、アジア諸国による4年ぶりの公式防衛会談で、日本が偵察気球を使用した疑いがあると述べた。

世界第2位と第3位の経済大国間の緊張を緩和することを目的とした会談は、ロシアのウクライナ攻撃を受けて北京が台湾を支配するために武力を行使することを東京が懸念しているため、日本も複雑にしている紛争を引き起こした. 世界貿易を混乱させる。

12月、日本は、中国の軍事行動を抑止するために、今後5年間で防衛費をGDPの2%に倍増する(総額3200億ドル)と発表した. 昨年、防衛費を 7.1% 増加させた北京は、自国の軍隊に日本の 4 倍の費用を費やしています。

日本政府は、中国本土を攻撃できる長距離ミサイルの取得を計画しており、駐留する大規模な米軍との対立を維持するために必要な他の武器を備蓄しています。

最新のアップデート

あと2話見る

中国の孫維東外務次官は、東京での日本の茂雄外務次官との会談の冒頭で、「国際安全保障の状況は大きな変化を遂げており、一国主義、保護主義、冷戦の考え方が戻ってきている」と述べた。

中国は日本にとって最大の貿易相手国であり、輸出の 5 分の 1、輸入の 4 分の 1 近くを占めています。 また、日本企業の主要な製造拠点でもあります。

「日中関係には多くの機会があるが、我々は多くの問題と懸念に直面している」と山田孫氏は語った。

彼は、東シナ海にある日本の尖閣と中国の無人島であるディオユ島をめぐる両国の領土紛争、北京とロシアとの最近の共同軍事演習、2019 年以来少なくとも 3 回日本上空で発見された中国の監視気球と疑われるものを指摘した。

米国による中国の偵察気球と疑われるものの撃墜を受けて、日本は先週、自国の空域を侵犯するドローンを自国のジェット戦闘機が撃墜できるようにする軍事交戦の規則を明確にする計画を立てている。

会談後に発表された声明の中で、日本の外務省は、台湾海峡における平和と安定の重要性も強調したと述べた。

両国は「春に」直接通信ホットラインを設置し、両国の上級治安当局者間の対話を強化することに合意した。

村上さくらによるレポート。 ティム・ケリー著。 Stephen Coatesによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ホンダは日系自動車メーカーとして初めてタイでEVを生産