12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国と日本が卓球世界選手権新華社の女子決勝で対戦

2022 年 10 月 7 日、中国南西部の四川省成都で開催された 2022 年 ITTF 世界チーム卓球選手権大会の決勝戦で、中国のチェン メンがチャイニーズ タイペイのリー ユージュンと対戦して優勝しました。 (新華社/L)

卓球ワールドグループ決勝の準決勝で、中国と日本がそれぞれの対戦相手を破った。

成都、中国、10 月。 7 (Xinhua) — 中国と日本は金曜日、世界チーム選手権の女子準決勝で勝利し、決勝に進出した。

世界ランキング1位の孫英沙選手、陳孟選手、王萬有選手がそれぞれの対戦相手を 3-0 で下し、中国がチャイニーズ タイペイを 3-0 で破り、陳孟選手が 12-10、11-8、11-6 で勝利しました。

「李玉軍と対戦するのはこれが初めてで、彼の特別なスキルにより、最初のゲームではいくつかの困難が生じましたが、2番目と3番目のゲームは正常です」とChen Meng氏は述べています。

「相手が誰であっても、決勝でプレーできるように最善を尽くします」と孫英沙は語った。

日本女子チームはドイツを 3-0 で破り、世界ランキング 6 位の伊藤美誠が世界ランキング 8 位の韓英を 3-0 で下し、彼女のチームメイトである早田陽菜と木原美宇が 3-2 で勝利しました。

中国は男子準々決勝でスウェーデンを 3 対 0 で下しました。 世界ランキング1位の范振東がマティアス・フォークを3-0 11-7 11-9 11-5で下し、世界ランキング2位の馬龍がスウェーデンの新星トゥルルス・モルガードを3-0 13-11 11で破った。 8. 11-6.

22 歳の Wang Shuqin は、最初の 2 試合でスウェーデンの Christian Carlsen に敗れましたが、次の 3 試合で勝利して 3 対 2 になりました。

日本はポルトガルを 3 対 1 で下し、準決勝で中国と対戦します。

準決勝では、ドイツが香港と中国を 3 対 1 で破った後、韓国を 3 対 2 で下しました。

READ  フリーストーン日本ドラマ「ツユクサ」(独占)が販売ニュースを獲得