4月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国が関与解消を加速させる中、台湾の半導体企業が日本に群がる

サム・ナッセイ、ファニー・ボトキン、浦中美穂著

東京(ロイター) – より多くの台湾のチップ企業が日本に進出するにつれ、半導体産業を再建しようとする日本の取り組みが打撃を受けている。TSMCの新工場を支援するだけでなく、日本の業界もその見通しに興奮している。

今回の訪問は、米国が中国の先端半導体の進歩を制限し、同盟国間のパートナーシップの強化を推進する中、世界のチップ産業における同盟と優先事項が変化する中で行われた。

Fables のチップメーカーである Alchip Technologies は、特定用途向け統合チップ (ASIC) として知られるカスタマイズされたチップを専門としていますが、これが中国の断片化傾向を説明しています。

2022年の時点で、同社の研究開発エンジニアのほとんどは中国に拠点を置くことになるが、アルシップは役割を海外に移し始めており、その多くは日本に移っていると、この件について説明を受けた関係者は述べた。

同社は日本、北米、台湾で採用を行っていると述べたが、人事に関するそれ以上のコメントは控えた。

「我々は日本の半導体市場の成長を期待しており、今後も日本のASICの機会を活用し続け、すでにいくつかの良いプロジェクトに関わっている」とアルチップジャパンのゼネラルマネジャー、古薗博之氏は述べた。

ロイターの集計によると、過去2年間に少なくとも9社の台湾の半導体企業が日本に店舗を設立したり、事業を拡大したりしている。

たとえば、チップ設計会社 Emery Technology は 2 年前に東京の隣の横浜にオフィスを開設し、かつて業界を支配していた日本の複合企業から採用された従業員を 11 名抱えています。

eMemoryのマイケル・ホー社長はロイターに対し、「そこにオフィスを建ててから顧客とのやり取りが増え、地元の人々と日本語で話すことに積極的になったので、ビジネスは成長していると見ている」と語った。

また、台湾の半導体企業も存在感を高めるか、日本への初進出を検討しているとこの関係者や別の関係者は述べ、円安がそうした決定を容易にしたと付け加えた。

情報が非公開であるため、情報源は特定を拒否した。

プロアクティブなサポート

日本は依然として半導体材料および装置の主要生産国を誇っているが、1980年代の米国との貿易摩擦や韓国や台湾のライバルとの競争を経て、世界のチップ製造市場に占める日本のシェアは50%から10%に縮小した。

しかし日本は近年、パンデミック中の世界的なチップ不足と米国政府の刺激策により半導体が経済安全保障に不可欠であると認識し、チップ製造産業の再建に巨額の資金をつぎ込んできた。

今週の土曜日、正式には台湾積体電路製造会社として知られるTSMCは、九州南部の島にあるチップ製造センターで最初の工場の開所式を開催する。

軌道に乗っている計画は、TSMCのアリゾナ工場の複雑な建設と矛盾している。 また、日本に2番目の工場を建設する計画も発表しており、この事業への総投資額は200億ドル以上となる。

半導体製造大手ロイター通信は、勤勉な労働文化と扱いやすく寛大な補助金を理由に​​、日本は自然に適合すると考えている。

ホワイトオークキャピタルの投資ディレクター、ノリ・セオ氏は「半導体強い国の主な強みは、大手企業だけでなく、強力なエコシステムにもある」と述べた。

「多額の補助金と最小限の政治介入を特徴とする日本政府の効果的な支援により、他の多くの国と比べて高いレベルの進歩が促進されている。」

TSMCに加えて、日本政府が支援するチップファウンドリであるラピダスも、2027年から北海道でチップを量産する計画を立てている。

日本での存在感を高めている台湾企業の中には、TSMCが支援するグローバル・ユニチップ社(GUC)もある。同社は、同じくファブレスのASIC設計会社で、エンジニアリングの才能とビジネスチャンスの両方に魅力を感じていると述べた。

さらに、半導体材料を研究し、TSMCを最大の顧客としているマテリアルズ・アナリシス・テクノロジー(MA-tek)は、昨年末に九州に新しい研究所を開設した。 DSMCのもう一つの大手請負業者である半導体装置・メンテナンス会社Finesse Technologyは、日本に工場を建設中である。

関係者によると、TSMCのサプライヤーであるマーケットテックも日本に進出しているという。 マーケティング担当者はコメントを控えた。

商社丸紅の中国経済調査部長、鈴木貴元氏は「デカップリングの一環として、この傾向は当面続くだろう」と述べた。 しかし、日本には需要を満たすのに十分な若い科学スタッフがいないと警告した。

政府と大学は学生のこの分野への参入を奨励する取り組みを強化しているが、日本のチップ関連企業の従業員数は過去20年間で5分の1減少した。

(東京ではサム・ナッシと浦中美穂、シンガポールではファニー・ボトキンがリポート、エドウィナ・ギブスが編集)

READ  2023年のCrunchyroll Anime Awardsは日本に向かいます