6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国、ウクライナとロシアの戦争で和平仲介者になりたい

中国、ウクライナとロシアの戦争で和平仲介者になりたい

  • 中国は、ロシアとウクライナ間の戦争を終わらせるための和平仲介者としての地位を確立することに熱心であった。
  • しかし、戦争が進むにつれてロシアに明らかに接近しており、ウクライナに対する進行中の侵略を非難したり批判したりすることを拒否している。
  • 政治アナリストらは、中国がロシアとウクライナを交渉のテーブルに着かせるのに必要な外交手腕、そして顕著な中立性を備えているかどうかを疑問視している。
  • アナリストは中国を完全に「誠実なブローカー」とはみなしていない。

2023年3月21日、クレムリンで中国指導者のモスクワ訪問を記念したレセプションを終えて出発するロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の習近平国家主席。

グリゴリー・シソエフ | スプートニク | ロイター経由

中国は侵略が始まって以来、ロシアとウクライナの間の戦争を終わらせるための和平仲介者としての地位を確立することに熱心であり、ロシア軍が国境を越えて追い出された直後に両国間の仲介を申し出た。

しかし、中国は戦争が進展する中、際立ってロシアに接近し続けており、進行中のウクライナに対する武力侵略を非難したり批判したりすることを拒否している。 同氏は反西側の立場でモスクワとイデオロギー的に一致しており、両国とも「多極化世界」を望むと宣言している。

そして、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と何度も電話し、3月にはモスクワを訪問したにもかかわらず、中国の習近平国家主席はここ数週間で初めてウクライナ大統領と接触しただけだ。

電話会談で習主席は、ウクライナに特別代表を派遣し、停戦と中国政府が「危機」と呼ぶものの平和的解決に向けてすべての当事者と協議するつもりだと述べた。

中国通信社によると、今週、中国の李輝ユーラシア問題担当特別代表との和平合意調停の試みが激化しているが、同氏は「ウクライナ危機の政治的解決に関する」会談のため、ウクライナ、ロシア、その他欧州数カ国を訪問する予定だという。省。 彼は金曜日に言いました。

中国がロシアとウクライナの間の戦争を早期に終わらせたいと考えていることは疑いの余地がない。 中国政府は、戦争の予測不可能な性質、未知の終着点、そして紛争によって引き起こされた世界経済の不安定を非常に望ましくない副作用として認識していると広く信じられている。

しかし、ヨーロッパでここ数十年で最も血なまぐさい紛争の一つに終止符を打つことができる誠実な和平仲介者としての立場を中国が位置づけようとする中、ロシア(そして時には実際に中国)を西側諸国と対立させているが、中国の認識には疑問符が付いている。中立性と外交スキル、そして最終的には媒体としての彼女の最終目標。

政治アナリストや中国ウォッチャーは、結局のところ、中国政府は誰が戦争に「勝つ」か、あるいは和平協定がどのような形になるかなど気にしていない、と指摘する。 中国にとって重要なことは、中国がロシアとウクライナを交渉のテーブルにつかせ、戦争終結を仲介する国際パートナーとなることだ、と彼らは言う。

ブルッキングス研究所の中国専門家で、オバマ政権の国家安全保障会議アジア担当責任者を務めたライアン・ハース氏はCNBCに対し、「中国はロシアとウクライナの間の戦争でどちらが勝つかよりも、平和を勝ち取ることに重点を置いている」と語った。

「中国政府は、将来の欧州の安全保障構造の形成に発言権を持ちたいと考えている。中国政府はまた、ウクライナの再建にとって不可欠であり、欧州の紛争からの広範な復興において重要な役割を担っているとみなされることを望んでいる。」

中国は最近の世界外交、特に地域のライバル国に国交回復と両国の大使館再開を促したイランとサウジアラビア間の調停での最近の成功をさらに発展させることに熱心である。

アナリストらは、中国によるロシアとウクライナ間の世界外交訪問における新たな試みには自己利益が欠けているわけではないと指摘している。

「もちろん、中国は利他的な懸念からこの外交キャンペーンに参加していない」とニューヨーク州立大学オールバニー大学の政治学教授ジェン・チェン氏は水曜日、CNBCに語った。

中国がますます大国としての地位を高めるにつれ、特に最近イランとサウジアラビアの間の仲介に成功したことを受けて、世界の仲介者としての外交力を発揮するあらゆる動機を持っている。ロシアの面子を保つ協定で。

2023年4月26日にキエフで、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が電話回線を通じて中国の習近平国家主席と会談する。

ウクライナ大統領報道局 | ロイター

中国介入のもう一つの喜ばしい結果は、グローバル・サウス(ラテンアメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの発展途上国を指すのに一般的に使われる用語)を引き込む可能性があることである。これらの国々は、「紛争でほとんどどちらの側にも味方していない」ほか、一部のヨーロッパ諸国も同様である。 「ヨーロッパでは、戦争が長引くのを望んでいない」。

これら諸国からの支持を得るために、中国は米国の「火に油を注ぐ」ようなアプローチではなく、平和実現者としてのイメージを磨きたいと考えている。

中国が和平仲介者として名乗りを上げたのはこの戦争が初めてではない。 トルコはまた、紛争当事者間の仲介者としての地位を確立しており、重要な穀物輸出取引の仲介を支援し、戦争の初期段階で交渉を試みている。

しかし、これらは決裂し、双方とも越えることのできない「越えられない一線」、つまり失った(あるいは獲得した)領土を譲渡することになった。

中国がロシアとウクライナ双方を交渉のテーブルにつかせる外交手腕を持っているかどうかは不透明だ。 アナリストらは、中国のロシア支援は当初から「誠実なブローカー」としての中国の認識を傷つけたと述べており、キエフでは注目されないことはないだろう。

欧州外交問題評議会の政治研究員アリシャ・パチュルスカ氏は火曜日、CNBCに対し、「中国とロシアの関係と中国とウクライナの関係には大きな非対称性がある」と語った。

同氏は、「習近平氏がゼレンスキー氏と電話会談するまでに14カ月かかったが、同時に中国最高指導部はロシア指導部と20回以上のハイレベルのやりとりを行った」と指摘した。

「中国は侵略者であるロシアを認めておらず、戦争の原因は米国とNATOのせいにし続けている。中国側が何らかの有意義な『支援』をするには、中国政府がこの戦争とウクライナの代理人についてのウクライナの見解を認める必要があるだろう。この戦争における中国の戦略的利益、すなわち米国主導の国際秩序の弱体化とより広範な自由民主主義の信頼の低下を考慮すると、それが起こる可能性は非常に低い。」

CNBCは中国外務省にコメントを求めたが、まだ返答は得られていない。

2023年3月21日、モスクワのクレムリンでの会談後の調印式で握手するロシアのウラジーミル・プーチン大統領と中国の習近平国家主席。

ウラジミール・アスタプコビッチ AFP | ゲッティイメージズ

アナリストらは、交戦当事国に対する中国のアプローチは偏っているが、明らかにモスクワに近いということを利用して双方にとって有利になる可能性があると指摘している。

ユーラシア・グループの創設者兼社長のイアン・ブレマー氏は電子メールでのコメントで、この戦争は中国に「世界外交におけるチャンス」を与えたと述べ、「習氏はプーチン大統領に対して他の誰よりも大きな影響力を持っている」と指摘した。

オールバニー大学のチェン氏は、中国が中立性を欠いていると認識されていることが弱点になる可能性があるが、実際には切り札になる可能性があることに同意した。

「中国は、紛争の調停の可能性に関して真に『中立』とするにはロシアにあまりにも友好的であると広く見なされている。しかし、それはまさに中国がロシアにとって数少ない国際パートナーの一つであり、以来ロシアに重要な外交的・経済的支援を提供してきたからだ」 「そのとき」とチェン氏は述べ、「この侵略はロシアを交渉のテーブルにつかせ、紛争終結におけるロシアの立場に影響を与える可能性がある」と語った。

潜在的な和平仲介者が直面する課題を過小評価する人は誰もいません。

15か月にわたる戦争でウクライナは強固になり、ロシアへの進出は不可能であることが示されたが、モスクワにいるウラジーミル・プーチン大統領にとって、特にロシアが最も密接な地域に関しては、領土獲得を放棄するにはリスクが高すぎる。 2014年に併合したクリミアのように。

中国はすでにウクライナに対して「和平案」を提案している しかし、それには停戦と和解に向けた実質や具体的な措置が欠けている。

ウクライナは、占領地からの全ロシア軍の完全撤退と、クリミアと他の4地域を含む領土の一体性の回復以外は受け入れないとしている。ロシアは昨年併合を発表したが、まだ不完全だ。 そのうちのどれかを占領します。

2023年4月13日、ウクライナのドネツク州でロシア・ウクライナ戦争が続く中、バフムトに向けて砲撃する第80旅団のウクライナ兵。

アナドル代理店 | アナドル代理店 | ゲッティイメージズ

ウクライナは、中国が和平協定仲介の申し出をする前に、現在の反撃を続ける方法を知りたいと考えているだろうが、協定にはロシアへの領土割譲が含まれる可能性があることに注意が必要だ。

確かに、ウクライナのアナリストらは、中国がウクライナを支援できるか、あるいは支援するかどうかについては懐疑的である。

軍事専門家でキエフの軍事法学研究センター所長のオレクサンドル・ムシエンコ氏は、「彼らは何らかの停戦協定やロシアの条件での和平協定を提案するだろうが、もちろんこれは我々にとって好ましくない」とCNBCに語った。

同氏は、ウクライナは領土一体性、主権、独立を尊重する和平協定のみを受け入れることができ、合意に達する前にロシア軍が占領を終了する必要があると付け加えた。

ムシエンコ氏は、「中国の和平協定と和平協定草案は、ウクライナをロシアの観点から見ているものであり、我々にとって良い意味を持つとは期待していなかった」と語った。

「この場合、それらは客観的ではない」と彼は付け加えた。

READ  トリップアドバイザーによると、2023年の世界で最高のビーチ