1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界初の「木製」衛星が2023年に日本で打ち上げられる予定です

2023年に世界初の「木製」衛星を打ち上げる計画が日本で進行中であり、その開発チームは宇宙開発に環境に優しく低コストの木材を使用することを目指しています。

京都大学と住友林業のチームによると、木でできた衛星は、運用後に地球の大気圏に再突入すると燃え尽きるという。

さらに、衛星の現在のコア材料であるアルミニウムを使用するよりも安価になります。 電磁波は木材を透過する可能性があるため、衛星にはアンテナが付いている場合があります。

写真は、京都大学と住友林業研究所が2023年に打ち上げる予定の「木製」衛星です。 (写真提供:京都大学)(京都)

投影される衛星は、側面が10センチメートルの立方体になります。 その外側は木と太陽電池で覆われており、内側に電子基板を保持しています。

西日本の国営大学と東京に本拠を置く木材製品会社は、国際宇宙ステーションの追加の車両試験装置を使用して、2月から宇宙での樹木の耐久性を試験する予定です。

宇宙航空研究開発機構の土井隆雄宇宙飛行士が率いるチームは、いくつかの樹種から採取したさまざまな硬度の木材シートを機器に取り付けることを計画しています。 シートは、崩壊をチェックするために約9か月間宇宙にさらされます。

京都大学のプログラムベースの教授である土井氏は、このプロジェクトが成功すれば、「宇宙に興味のある子供たちが衛星を作ることができるようになる」と語った。

土井は、1997年にコロンビアのスペースシャトルに搭乗したとき、バイパスミッションに参加した最初の日本の宇宙飛行士になりました。

READ  世界の株式、労働者の選択、石油の上昇の後、米ドルは上昇した。