1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界保健機関の局長は、中国でのコロナウイルスの増加は制限の解除によるものではないと述べました

  • 世界保健機関は、中国の制御措置はCOVID-19を止めていないと述べています
  • 国は、適切な人々が適切に予防接種を受けているかどうかを尋ねるべきです
  • 中国と世界保健機関の間のチャネルを開く – ライアン

ジュネーブ(ロイター)-世界保健機関の事務局長は水曜日に、政府が厳格な「ゼロCOVID」政策を放棄することを決定するずっと前に、中国でCOVID-19の症例が爆発的であったと述べ、突然の逆転が急増を引き起こしたという提案を却下した. 場合によっては。

WHO の緊急事態担当ディレクターであるマイク ライアン氏のコメントは、世界第 2 位の経済でワクチン接種を強化する必要があると警告したときに出されました。

彼はメディアブリーフィングで、制限が解除されるずっと前に、ウイルスが国内で「広範囲に」広がっていたと述べた.

「現時点では、中国が制限を解除し、突然病気が制御不能になったという話があります.

「病気はより激しく広がっていました。なぜなら、制御手段自体が病気を止めていなかったと思うからです。そして、中国は戦略的にそれが最善の選択肢ではないと判断したと思います。」

北京は今月、習近平国家主席が呼びかけた経済的に壊滅的な制限に対する抗議の後、署名の「ゼロCOVID」政策から離れ始めました。

制限の突然の緩和により、発熱クリニックの外に長蛇の列ができ、感染の波が高まるという懸念すべき兆候が見られましたが、当局が検査を撤回したため、公式の新しい症例数は最近減少傾向にありました.

11月27日までの週の最新のCOVIDレポートで、世界保健機関は、中国が4週間連続で入院の増加を報告したと述べました。

「したがって、中国やその他の国が依然として直面している課題は、予防接種を受ける必要がある人々、適切なワクチンと適切な回数の予防接種、そしてそれらの人々が最後にワクチンを接種したのはいつかということです」とライアンは言いました。言った。 .

西洋ワクチン

国民が「集団免疫」を欠いており、高齢者のワクチン接種率が低いため、感染が急増するという懸念が高まる中、人々がウイルスと一緒に暮らすことを許可する政策の変更を歓迎した中国の多幸感は急速に薄れました.

WHO の主任疫学者である Maria Van Kerkhove 氏は、国連機関が中国に技術的な助言を提供していると述べ、Ryan 氏は、開かれたチャンネルがあると述べた。

西側の製薬会社が中国に COVID 治療薬を供給する最初に発表された主要な取引の中には、China Meheco Group Co Ltd があります。 (600056.SS) 水曜日に、ファイザー社を輸入して販売すると発表した (PFE.N) COVID-19 経口パクスロビッドの治療。

ブリーフィングの早い段階で、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、3年前に中国の武漢で発生して以来、660万人以上が死亡したパンデミックが、世界的な緊急事態と見なされないことを「望んでいる」と述べた。未来。 全般的。

(ジュネーブの Emma Farge による報告)。 ジョセフィン・メイソンはロンドンで書いた。 編集:アリソン・ウィリアムズ、ライサ・カスロウスキー、アレクサンドラ・ハドソン

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ヒトラーがユダヤ人のルーツを持っているとロシアが言った後、イスラエルは謝罪を要求する