2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界人口に占める韓国、中国、日本の割合が初めて20%を下回る

世界人口に占める韓国、中国、日本の割合が初めて20%を下回る

世界最大の中国人人口と地域交流によって成長を促進されてきた韓国、中国、日本は、人口減少により成長の危機に直面している。

日曜日の毎日経済新聞とKAIST文ソウル未来戦略大学院のイ・ガンホ教授による国連人口データの分析によると、2023年には韓国、中国、日本の合計人口は16億人になるという。 世界総人口80億5000万人の19.9パーセント。

国連が1950年に関連統計の公表を開始して以来、20%の基準を突破したのは初めて。

3 か国の人口比率は 1950 年から 2000 年まで安定しており、年平均 25.4% でしたが、2000 年代半ば以降急激に減少しました。

直接の原因は中国の少子高齢化の急速な拡大で、次いで韓国、日本が続く。

中国の人口に占める割合は、1950年の21.8%から2023年には17.7%まで減少し続けている。

中国国家統計局によると、同国の総人口は2年連続で減少し、2023年には14億1000万人となる一方、同時期の出生数は史上2度目となる1000万人を下回った。

これまで韓国と日本は中国の豊富な労働力と国内市場を活用して、この地域に製造拠点と消費市場を確立してきた。 中国はまた、韓国と日本から高品質の中間製品を輸入することにより、世界貿易に占めるシェアを高めている。

世界貿易機関(WTO)と世界銀行によると、韓国、中国、日本の商品輸出総額は2022年に5兆0200億ドルとなり、世界貿易の20.2%を占める見通しだ。 三国間の国内総生産(GDP)は世界の国内総生産の23.5パーセントを占めます。

専門家らは、世界経済を牽引する韓国、中国、日本が人口ショックにより最大の危機に直面していると警告している。

リー氏は「3カ国は出生率の低下、平均寿命の延長、外国人移民の低さという共通の問題を抱えている」と述べた。 「人口減少の衝撃は強まっており、3カ国とも現在の成長方式の変更を急いでいる。」

キム・ジョンファン、ユン・ヨネ

[ⓒ Pulse by Maeil Business News Korea & mk.co.kr, All rights reserved]

READ  日本チームは老化した後部細胞を取り除くワクチンを開発しています