7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界の宗教が日本における倫理的な人工知能を求めるローマ法王の訴えに署名 – ZENIT

世界の宗教が日本における倫理的な人工知能を求めるローマ法王の訴えに署名 – ZENIT

(ZENIT ニュース / 広島、2024 年 7 月 10 日) – 世界の 11 の宗教、16 の新規署名者、出席国 13 か国、150 人以上の参加者: これらは、多宗教イベントである AI 平和議定書の数の一部です。 7月9日と10日、広島で。

教皇フランシスコは、「人工知能の規制に対する民族や宗教の文化的豊かさの貢献を認識することが、テクノロジーのインテリジェントな管理への取り組みを成功させる鍵となる。イノベーション」という特別なツイートとメッセージでこのイベントを歓迎した。

7 月 10 日 東方世界のさまざまな信仰 (仏教、ヒンズー教、ゾロアスター教、バハイ教など) を代表する宗教指導者が、アブラハムの宗教 (キリスト教徒、ユダヤ教、イスラム教徒) の指導者とともに、AI を求めるローマの呼びかけに署名しました。 広島の平和記念公園の刺激的な空間での倫理。

新しい署名者は、日本政府とハイテク大手マイクロソフト、IBM、シスコの高官の立ち会いのもと、AI分野におけるアルゴリズムの利用、つまり設計による倫理を強調する呼びかけに署名した。

ピュー研究センターは、世界人口の 85 パーセントが宗教的伝統を自分だと認識していると報告しています。 すべての主要な宗教を代表する指導者が、AI倫理を求めるローマの呼びかけに署名しました。 これにより、Rom Call プラットフォームは地球上のほとんどの人々を代表するものになります。

イベント2日目、主催パートナー(教皇庁生命アカデミー、宗教者平和日本、アラブ首長国連邦アブダビ平和評議会、イスラエル首席ラビネート宗教間関係委員会)は、「ヒロシマ・アピール」と題した文書を提出した。 。 その中で両首脳は、人類と地球の利益のためにのみAIを使用する必要性を改めて強調し、国際社会に対して平和的手段を用いてあらゆる紛争を解決し、すべての武力紛争を即時停止するよう求めた。

コンテンツをお読みいただきありがとうございます。 ZENIT の毎日のメールマガジンを受け取りたい場合は、無料で購読できます このリンク

READ  台湾紛争懸念の中、日本はフィリピン防衛の強化を希望