5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界で最も礼儀正しい国がいかにして観光客に対する忍耐力を失ったか

世界で最も礼儀正しい国がいかにして観光客に対する忍耐力を失ったか

「アルゴリズムを避ける」

日本政府はまた、観光客を東京、京都、大阪のいわゆるゴールデントライアングルからそらす計画を立ち上げ、国内の困窮地域へのオーバーツーリズムの影響を軽減する方法を模索している。

代わりに、日本は観光客が全国のあまり知られていない(そして誰もいない)場所を探索できるように、11のいわゆる「モデル」目的地を宣伝している。 栃木県那須の自然アクティビティ。 長野と岐阜のアルプス。 鹿児島の火山と北海道東部の国立公園。

日本を拠点とする旅行デザイン会社ピープル・メイク・プレイスの創設者、チャールズ・スプクリー氏は、日本を訪れることに興味がある観光客に向けて、混雑を避け、地元社会へのプレッシャーを軽減するためのアドバイスをしている。

「アルゴリズムをスキップして、自分だけの冒険を作りましょう」と彼は提案します。 「Google のレビューや他の旅行 Web サイトは無視してください。 日本の良いところは、治安が良いので目的地を決めて歩き始めることができ、途中でたくさんの発見ができることです。

しかし、日本のますます積極的な措置は望ましい効果をもたらすだろうか? 外国人旅行者の間でこの国の人気は高まっているようだが、地元住民は美しく古代の、そして壊れやすい文化を保存することに懸念を抱いているが、依然として問題が存在する可能性がある。

READ  TOYO、日本の風力発電所向けにHuismanサブシークレーンを発注