2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

三笘、足首負傷にもかかわらずアジアカップ日本代表に選出

三笘、足首負傷にもかかわらずアジアカップ日本代表に選出

ブライトン&ホーブ・アルビオンのウインガー三笘薫は足首の負傷で戦列を離れたが、今月カタールで行われるアジアカップ決勝に臨む日本代表のメンバーに含まれている。

26歳の森保一監督は、1月12日に開幕する試合のメンバー26名に選出されており、そのメンバーにはリバプールの遠藤航、アーセナルのDF冨安健洋、レアル・ソシエダの久保建英も含まれている。

森保監督は記者団に対し、「(マイトマが)初戦に間に合うかどうかは分からないが、順調に回復しており、早い段階で出場できると期待している」と語った。

ブライトンのロベルト・デ・セルピ監督は、12月21日にクリスタル・パレスと1-1で引き分けた後、2月10日まで開催される24カ国が参加する大陸選手権に三笘が出場できるかどうか疑問を投げかけていた。

日本は、これまで1992年、2000年、2004年、2011年にタイトルを獲得しており、アジアカップで史上最多となる5度目の優勝を目指している。

森保監督は2019年にサムライブルーを決勝まで導いたが、チームはカタールに敗れた。

セルティックのストライカー古橋京子はラツィオの鎌田太一、フォルトゥナ・デュッセルドルフのミッドフィールダー田中碧とともに選出を逃した。

2022年ワールドカップのスペイン戦で日本代表としてゴールを決めた田中は、東京で行われた親善試合タイ戦で25歳の森保監督率いるチームのゴールを決め、驚きの結果をもたらした。 月曜日。

サムライブルーは1月14日、元日本代表監督フィリップ・ドルシエ率いるベトナム戦でアジアカップへの挑戦を開始し、その後グループDでイラクとインドネシアと対戦する。

READ  米国のインフレが予想よりも弱いため、ドルは下落を続けています