6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

三井FRD、日本とIndustrial Pesquera Santa Priscillaへの投資で養殖を倍増

三井FRD、日本とIndustrial Pesquera Santa Priscillaへの投資で養殖を倍増

東京に本社を置く三井物産。 同社は最近、陸上循環型養殖システム(RAS)ニジマス養殖会社であるFRDジャパンと、エクアドルに本拠を置く世界最大のエビ養殖会社であるペスケラ・サンタ・プリシラという水産養殖会社2社の主要株式を取得した。

三井物産は7月20日、FRDジャパンの第三者割当増資を総額210億円(1億4,530万米ドル、132ユーロ)で78億5,000万円(5,430万米ドル、4,930万ユーロ)で引き受けたと発表した。百万)。 。 このほか、エア・ウォーター、STIフードホールディングス、積水化学工業、長谷工コーポレーション、三井住友信託銀行、三菱UFJ銀行も割当先となっている。

当初は三井物産 FRDに出資2017年4月、日本の埼玉に拠点を置く同社はFRDの株式の80%を9億円(2017年4月に840万米ドル、670万ユーロ)で取得した。 当時の他の株主は太陽水研株式会社でした。 およびKGC株式会社両者はそれぞれ 10 パーセントを購入しました。

。 投資家からの資本注入に加え、FRDは複数の金融機関と融資契約を締結 日本の持続可能なブルー財政フレームワーク海洋保護と持続可能な漁業に貢献する企業への資金提供を奨励します。

陸上養殖は工場養殖に似ていますが、この分野の企業はしばしばその持続可能性を重視します。 この慣行により、野生資源に対する漁獲の圧力が軽減され、魚の糞便が海に放出されることがなくなり、構造的な利点が得られます。 そうすることによって…

画像提供:FRDジャパン

READ  ヤクザは 10 年以内に日本のすべての高速道路の使用を禁止される可能性があります