12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

三井物産は自動車と海運の堅調な需要の利益率を上げる



ファイル画像:日本企業三井物産 2018年1月10日に東京でロゴ入り。 ロイター/花井徹/ファイル写真

東京(ロイター)-日本の三井物産は火曜日に、自動車に対する強い需要とタイトな世界的な海運市場に牽引されて、通年の純利益率が13%上昇したと報告した。 サポート。

商社は3月31日の利益予想を8月の640億円から7200億円(63億ドル)に引き上げた。 リフィニティブのデータによると、12人のアナリストの予想に基づく平均利益6830億円を上回っている。

三井物産最高財務責任者(CFO)の内田隆和氏は記者会見で、「さまざまな事業分野で世界的な景気回復を捉えることができた」と語った。

内田氏によると、この見通しの改善は、化学薬品、鉄鋼製品、食品の堅調な貿易と自動車の需要、および卸売業者とコンテナ船の市場の逼迫の結果であるとのことです。

三井物産が8月の年間利益率を4月の4600億円から6400億円に引き上げた後の修正。

鉄鉱石、石炭、銅の値上がりにより、金属部門の純利益は4〜9月期で2,710億円増の713億円となり、4〜9月期の純利益は約2倍の4,046億円となった。

三井物産は、好調な業績を反映して、配当予想を前回の90円から95円に引き上げた。

熱狂的な業績は、パートナーである丸紅株式会社の好業績に続くものです。

(1ドル= 113.5400円)

(大林組による報告、ルイ・ヘブンスによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
健康
アジア
アフリカ

READ  東京オリンピック2020:準々決勝で日本がサウンドホワイトをノックダウンした場合のペナルティ