6月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

三井物産、日本に電池リサイクル工場建設のため合弁会社を設立 – ケミカルエンジニアリング

三井物産、日本に電池リサイクル工場建設のため合弁会社を設立 – ケミカルエンジニアリング


| メアリー・ベイリー著

三井物産 & 株式会社。 (東京)株式会社ボルタミラクルエターナル社(富士宮市)と、リチウムイオン電池リサイクル事業の新たな合弁会社を設立することに合意した。 (シンガポール)。

新しい合弁会社であるジェイサイクル株式会社は2024年5月に設立され、必要な許認可を取得した後、今年9月に日本の茨城県でバッテリーリサイクル工場の操業を開始する予定です。 株式会社ジェイサイクル VOLTA社は、三井物産の電池関連事業のノウハウや電池リサイクルの知見、グローバルネットワークを活用し、使用済み電池および電池製造スクラップのブラックを製造・販売する電池リサイクルマネジメント能力を発揮する予定です。 ミラクルエターナルの海外からの原材料調達力。

J-Cycle Plantの電池環境と当初の目的(出典:三井物産)

電動化への移行は、モビリティ分野の脱炭素化の重要な部分です。 この移行と発展を支えるためには、電気自動車用バッテリーの原料の安定供給と持続可能なバッテリー回収・リサイクルシステムを確立する必要があります。

グローバルエネルギートランジションは、三井物産の中期経営計画2026における重要な戦略的取り組みの1つです。持続可能なエネルギーサプライチェーンの構築と、戦略的取り組みを通じた気候変動への対処は、三井物産の中心分野です。 三井物産は、電池リサイクル事業を国内外に展開することで、重要な鉱物の持続可能な供給確保と循環経済の発展に貢献していきます。

READ  ブルネイ、日本への長期LNG供給を拡大へ