5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ワールドクラスのアートは西日本の島にあります

香川県直島町-日本中のアート愛好家が間もなく西日本のこの島を訪れることが期待されており、スタイリッシュなアート施設の評判が急速に高まっています。

3月12日に2つの新しいアート施設がオープンしました。 1つは、世界的に有名な建築家安藤忠雄が設計したバレーギャラリーです。 もう一つのスキモトヒロシギャラリー:時間の回廊。 どちらも岡山に本拠を置く教育に焦点を当てた会社であるベナッシホールディングスによって設立されました。

バレーギャラリーに展示されている作品の中には、1966年のヴェネツィア決勝に最初に提出された有名なイデオロギーの草間彌生による「ナルシスの庭」があります。 現在、アリーナの内外に合計1,700個の光沢のある金属球があります。

大澤須義の「スラグブッダ88」は、豊島の豊島にある工場廃棄物処理のスラッジから作られた88体の仏像を特徴としています。

スキモトの30点の作品は、ガラスの茶室モンティアン、座席用の透明な立方体のような囲い、一連の写真、半石化した杉で作られた机など、タイムコリドーギャラリーに展示されています。

ガラスの茶室を見下ろすカフェで軽食を楽しめます。

アイオワ州の大林組さん(42)は、「部屋は夜は素晴らしく、日中はさわやかになるだろう」と語った。

ガラスの茶室モントリオールは、ヴェネツィア、ベルサイユ、京都で展示されています。 直島が最終目的地です。 (神谷あかり)

ベナズとそのパートナーである直島のアート関連の活動を監督する笠原りおじさん(53)は、次のように述べています。 。

バレーギャラリーの営業時間は、午前9時30分から午後4時までです。

チケットは1,300円(11ドル)で、ベヌスハウス博物館へのアクセスも提供しています。

タイムコリドーギャラリーは午前11時から午後3時まで開いています。

入場料は1,500円(予約が必要)です。

READ  日銀の黒田:金融政策の正常化を検討するのは時期尚早です