5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ワシントン州がマッカリーでアリゾナを圧倒、Pac-12で首位を獲得

ワシントン州がマッカリーでアリゾナを圧倒、Pac-12で首位を獲得

Pac-12レースでアリゾナが首位に立つ可能性もあったマッケール・センターでの雰囲気の良い舞台で、ワイルドキャッツは代わりに10位でフィニッシュするために選ばれたチームにトップの座を譲った。

ワシントン州立大はケイレブ・ラブが27得点を挙げたが、時間切れでコートの約半分からのファウルショットでパントを余儀なくされ、アリゾナ大に77対74で今シーズン初黒星を喫した。

この敗戦によりアリゾナは通算20勝6敗、11勝4敗となり、ワイルドキャッツはクーガーズに半ゲーム差(21勝6敗、12勝4敗)となった。 両チームは負け数で並んでいるが、1月13日のプルマン戦ではクーガーズもアリゾナを破っているため、WSUが両チームのタイブレーク権を握ることになる。

ワイルドキャッツとのシーズンシリーズを席巻したクーガーズは、ほとんどが2ポゼッション以内で行われた試合を通して、落ち着いたプレーを見せた。

71点の同点で試合終了間際になると、ワイルドキャッツのディフェンスがWSUのジェイレン・ウェルズに誤った3ポイントシュートを打たせた。 オマール・バロウがリバウンドを奪った後、ラブは中にドライブしてレイアップを決め、ファウルを獲得した。

ラブは続くワンアンドワンを決めて74-71としたが、マイルズ・ライスが3ポイントシュートを外した後、ジョンソンがファウルするとウェルズが左隅から3ポイントを打った。

残り24.6秒で3ポイントシュートが決まり74点で同点となり、UAはタイムアウトを要求、その後ウェルズがフリースローを決めてWSUが75-74とリードした。

UAの次のポゼッションでは、残り9.3秒でジョーンズがラブからインサイドシュートを放ったが、ボールは枠の外に出てアリゾナがボールを取り戻した。 その後、ジェイデン・ブラッドリーがケシャド・ジョンソンにパスを送り、ケシャド・ジョンソンがラブにパスを出したが、ラブがバスケットに向かう際に足を滑らせ、ボールをひっくり返した。 その後、WSUはウェルズに攻撃を仕掛けたが、ウェルズはファウルを受けながらもフリースローを2本決めて77-74とリードした。

ウェールズがラインを越えたとき、スティックの1本がフィールド内に入り、ファンはフィールド上に物を投げるとテクニカルファウルになる可能性があると警告され、その発表にはブーイングが起こった。

ウェルズのシュート後、ワイルドキャッツがボールを片付けるまでの時間は2.4秒だった。 ケラン・ボズウェルはハーフコートライン内のサイドラインに沿ってラブにパスしたが、最後の2秒目の45フィートのショットは外れた。

ウェルズは27得点を挙げてクーガーズをリードし、シュート成功率は41.9%にとどまったが、ターンオーバーはわずか9本でリードは1点だけだった。 アリゾナはシュート成功率44.8%を記録したが、3ポイントシュート成功率は18本中5本にとどまり、フリースロー成功は27本中17本にとどまった。

アリゾナは残り2分39秒で1点リードを保ったが、ウェルズがショットクロック後半に15フィートシュートを決め、残り1分56秒でWSUが71-69とリードし、ジョンソンが左からショートジャンパーを決め71点で同点とした。残り 91 秒のベースライン。

トレイルラインはハーフタイムで34対33。アリゾナはディフェンスを駆使してジョンソンの2ゴールを決め、後半開始3分で43対39とリードした。

バルーはまずアイザック・ジョーンズのシュートをブロックし、ラブからジョンソンへのアリウープパスでレイアップを決め、38点で同点とした。その後、ジョンソンは自らダンクを決めてジョーンズをブロックし、それがまたアリウープにつながったジョンソンがリムの右に走りながら叩きつけたラブからのパス。

しかし、WSUは10-1のランを続けて残り9分で57-51とリードを奪い、その後ラブの3ポイントシュートでワイルドキャッツを2点差に詰め寄った後、UAが他の対戦相手を溶かすことが多かったとき、彼らは再び落ち着きを示した:キシャドジョンソンは速いレイアップを阻止するためにWSUのガード、マイルズ・ライスを抜き去ったが、WSUのフォワード、キマニ・フインスーがそれを拾い上げ、ジョンソンの勢いで枠外に持ち出して叩きつけた。

ウインスーのダンクでWSUが60-55とリードしたが、クーガーズのフォワード、アイザック・ジョーンズが連続ポゼッションで3つ目と4つ目のファウルを拾い、1回目はオフェンス時、2回目はジョンソンの守備中に決め、フリースロー2本を決めてUAに1点をもたらした。わずか61-60のリード。 その後、WSUのジェイレン・ウェルズが3ポイントシュートを決めてWSUに67-63とリードを与えたが、ラブのもう1本のシュートでワイルドキャッツは68-67とリードを取り戻し、残り2分39秒で最後のメディアタイムアウトに突入した。

前半でラブは17得点を挙げたが、アリゾナはハーフタイム時点でWSUに34対33でリードされた。

アリゾナ州とワシントン州立大学は、Pac-12 レースのトップで、わずか半ゲーム差で試合に臨み、マッカリー センターが赤棒を配られた満席近くの騒々しい観衆でライトアップされる中、試合は両チームの競争力をすぐに反映しました。 。 試合前。

クーガーズはすぐに調子を決め、UAが最初の4分間で3本のターンオーバーを犯した後、最初のメディアタイムアウトまで早い段階で9-8とリードを奪った。 WSUは残り3分54秒時点で31対24と最大7点リードしたが、ワイルドキャッツが6連続得点を挙げて残り2分18秒で31対30とリードした。

その後、マッケール・センターの観衆が立ち上がり、試合前に各席に置かれていた赤いGloスティックを振りながら、ラブが6.5メートルのシュートを放ち、残り47秒でUAが33-32とリードした。 WSUのアンドレイ・ヤキモフスキーは残り22秒でペレ・ラーションからファウルを拾い、次のフリースロー2本を決めて34-33とクーガーズをリードに戻した。

ラブにはハーフタイム前にアリゾナにリードを与えるチャンスがあったが、残り2秒での最後の3ポイントシュートはリムに当たって跳ね返された。

ラブは前半のフィールドゴール11本中5本を成功させ、3ポイントシュート7本中2本を成功させ、フリースロー5本すべてを成功させた。 アリゾナはチームとしてフィールドゴール成功率44.8%を記録したが、3ポイントシュートは10本中2本しか成功させなかった。

1月13日にプルマンでワイルドキャッツを73対70で破ったクーガーズは、シュート成功率わずか39.4%だったが、ペイント内でワイルドキャッツの18得点に匹敵し、アリゾナが守備を変えるのを困難にさせた。

アリゾナはWSUから21対17で盛り返したが、前半にターンオーバーを8本犯し、フリースロー全体で10本中5本しか打てず、センターのオマール・バロウとフォワードのケシャド・ジョンソンがそれぞれ外した。

READ  テキサスが初のワールドシリーズ制覇に少しずつ近づく中、レンジャーズの打線が第4戦でダイヤモンドバックスを圧倒し勝利