5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロンドン市長選挙:サディク・カーン氏が歴史的な3期目に勝利

ロンドン市長選挙:サディク・カーン氏が歴史的な3期目に勝利

  • トーマス・マッキントッシュ著
  • BBCのニュース

動画解説、 動画: サディク・カーン氏、ロンドン市長としての3期目を「人生の名誉」と語る

労働党党首のサディク・カーン氏がロンドン市長選で3期連続当選を果たした。

2016年5月に初当選したカーン氏は、保守党のライバルであるスーザン・ホール氏を27万6,000票以上上回り、労働党に3.2%の差をつけた。

保守党の2勝を含む14選挙区中9選挙区で勝利した。

240 万票以上の投票が行われ、投票率は 42.8% でしたが、これは 2021 年の地方選挙と比較してわずかに減少しました。

カーン氏はロンドン東部の市庁舎で勝利を発表した後、「愛する街に奉仕できるのは人生の光栄だ」と述べた。

「私は今、とても謙虚な気持ちになっています」と彼は付け加えた。 「大変な数カ月でした。

「私たちは継続的なネガティブキャンペーンに直面してきましたが、懸念に対して事実をもって対応できたことを誇りに思います。

「3期目に再選され、勝利の差を広げることができて本当に光栄です。今日は歴史を作ることではなく、私たちの未来を形作ることです。」

写真にコメントして、 サディク・カーン氏は、他の市庁舎候補者と自分に投票したロンドン市民に感謝の意を表した。

カーン氏はまた、当初はヤジによって中断された勝利演説を利用して、リシ・スナック首相に総選挙の実施を促した。

「過去8年間、ロンドンは保守党政権の流れに逆らって泳ぎ続けてきたが、現在は労働党がキア・スターマーの下で再び統治する態勢を整えている。

「リシ・スナック氏が国民に選択肢を与える時が来た。総選挙は我が国の新たな方向性への道を切り開くだけでなく、ロンドン市民が実際に行動することを望んでいる大胆な行動を起こすことになるだろう。」

その後、主なライバルであるホール氏はカーン氏の勝利を祝福し、市長選の選挙活動は「名誉であり特権」だったと述べた。

彼女は「勤勉な家族、自動車運転手、女性に対するサディク氏の責任を引き続き追及していく」と述べた。 「私はサディクに、ロンドンを私たち全員にとってより良いものにするよう強く勧めます。」

集計は土曜日のグリニッジ標準時(グリニッジ標準時)9時に始まり、17時頃の公式発表のために全候補者が市役所に出席した。

カーン氏は、ランベスとサザーク、バーネットとカムデン、シティ・オブ・ロンドンとイースト、マートンとワンズワース、グリニッジとルイシャム、エンフィールドとハーリンゲイ、ノースイーストなどの選挙区で勝利を収めたが、これらはすべて2021年の前回の選挙で勝利したものだ。

同氏は中西部を保守党から5.2%の変動で獲得し、労働党を保守党から、南西部を保守党から2.7%の変動で獲得した。

レディ・ホールはロンドン郊外のヘイバリングとレッドブリッジ、クロイドンとサットン、ベクスリーとブロムリー、イーリングとヒリンドン、ブレントとハローの各自治区を支配していた。

全体として、カーン氏は1,088,225票弱の差で勝利し、ホール氏の811,518票を余裕で上回った。

自由民主党は緑の党を抑えて3位に浮上し、英国改革党のハワード・コックス候補は総得票率3.2%で5位となった。

自由民主党候補者ロブ・ブレイキー氏は「ロンドンのあらゆる場所で私たちは票を増やした」と語った。 [are pleased] 「久しぶりの3位に」。

ロンドン緑の党市議会議員キャロライン・ラッセル氏は、市長候補ゾーイ・ガーベット氏を選挙戦中の「人気者」であり、「一筋の光をもたらした人物」と評した。

写真にコメントして、 保守党候補者スーザン・ホール氏は総得票数の32.7%に相当する81万1,000票強を獲得した。

ロンドン議会の労働党党首レン・デュバル氏は、公式結果発表に先立って市庁舎で演説し、選挙結果はカーン氏に有利であると宣言した。

英国改革党が保守党の票を獲得した一方、自由党と緑の党の有権者は市長投票でカーン氏への支持を「投げた」とみられる。

ロンドンの元保守党大臣はホール氏を批判し、保守党が「信じられないほど残念な選挙運動」を行ったと述べた。

保守党を市長候補に選ぶことに失敗したポール・スカリー氏は、保守党がカーン氏に3期目を「与えた」とBBCに語った。

ロンドン議会選挙区議員とロンドン議会議員の開票作業はロンドンレベルで継続している。

ロンドン議会選挙の全14選挙区の結果により、労働党が10議席、保守党が3議席、自由民主党が1議席を獲得した。

得票率は労働党が98万3,216票(39.70%)、保守党が67万3,036票(27.18%)に分かれた。

緑の党は31万9,859票(12.92%)で3位となり、自由民主党の27万4,049票(11.07%)、英国改革党の18万3,358票(7.40%)を上回った。

最後に、他の11人の議員を決定するロンドン全体の完全な名簿は、土曜日の夜に以下の人々を選出した。

  • シアン・ペリー、グリーンズ
  • スーザン・ホール知事
  • アレックス・ウィルソン、改革英国
  • キャロリン・ラッセル、グリーンズ
  • ショーン・ベイリー卿、保守党
  • エマ・ベスト、保守派
  • ヒナ・ブハリ、自由民主党
  • ザック・ポランスキー、緑の党
  • アンドリュー・ボフ、保守党
  • イーライ・ベイカー、労働党
  • アレッサンドロ・ジョルジオ、知事
READ  戦闘機がガザの難民キャンプを爆撃する一方、イスラエルは戦闘を止めようとするアメリカの努力を拒否する