2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロンドン市長サディク・カーン、大晦日の花火大会後の「エゴトリップ」で非難される

ロンドン市長サディク・カーン、大晦日の花火大会後の「エゴトリップ」で非難される

ロンドンの大晦日の花火大会は、首都市長に宛てた手紙でこの花火大会について紹介された後、サディク・カーン氏の「エゴトリップ」だと評されている。

カーン氏が主催し、首都の多様性を讃えることがテーマの日曜日の夜のショーは、「ロンドン市長がプレゼンツ」という20秒のメッセージで始まった。

メッセージは色とりどりのドローンを使って夜空に飛ばされ、政敵たちはカーン氏が英国の納税者の資金で自身について13分間のプレゼンテーションを行ったと非難した。

保守党のロンドン市長候補スーザン・ホール氏はテレグラフ紙に対し、「新年の花火大会は国民のものであり、サディク・カーンのものではない。

「彼が市長としての8年間で実現した唯一のものは、犯罪率の上昇と貧困層をターゲットにした不公平な拡大税だ。あと4年も待つことはできない。この男と彼の傲慢さはロンドン市民の生活を悪化させている。そして5月、私はより良い、より明るい未来をお届けします。」 「私たちの街のために。」

ロンドン北西部ハッチエンドの保守党議員マシュー・グッドウィン・フリーマン氏は、「市長、これは私たちの花火であり、あなたのものではありません」と語った。 エゴトリップについて話します。

英国改革党の市長候補ハワード・コックス氏は、大晦日のスペクタクルは「このような軽蔑された市長の政治的議題の舞台となるべきではない」と述べた。

READ  ウラジーミル・プーチン大統領、めまぐるしい湾岸歴訪でサウジアラビアとアラブ首長国連邦の指導者らと会談