2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロッテ、国内免税協定の中で日本とベトナムをターゲットに

ロッテ、国内免税協定の中で日本とベトナムをターゲットに

2023年の韓国の免税売上高は、2022年まで見られたパンデミック後の回復経路を継続しなかった。 むしろ、より多くの外国人観光客がこの国を訪れるにもかかわらず、彼らは後退した。

韓国免税店協会のデータによると、昨年の旅行小売収入は23%減の13兆8000億韓国ウォン(約104億ドル)となった。 これは2019年の最高額である188億ドルを上回っており、ロッテや新羅など都心部の大手免税店にとっては懸念材料だ。

韓国経済新聞によると、両社は 損失の領域で、いくつかの小規模な競合他社。 免税のパズルに欠けている重要なピースは、高額支出の中国人旅行者です。

到着データは、中国本土人が新型コロナウイルス関連の理由で国外に出たことを示している 報復的なビザ制限 韓国観光公社の統計によると、2023年上半期に韓国を訪れた中国人観光客は約57万人で、2019年上半期の280万人には遠く及ばない。 第 3 四半期には 75 万人だったので、回復に向かっている可能性があります。

ロッテ免税店はすでに事業の国際化を進めている シンガポール そして オーストラリア コロナ禍の今、ベトナムと日本はコロナへの注目を高めている。

ねんどろいどからいにし焼酎へ

オンライン直接購入モールであるGinza Japan Direct Buy (以前の名称はLTF Buy、2021年6月に開始) を通じて、この小売業者はアニメフィギュアに焦点を当てた新しいブランドを追加しています。 通常、アニメ、マンガ、ビデオゲームのキャラクターを描いたねんどろいどプラスチックフィギュアは、日本のロッテのライブプラットフォームで飛ぶように売れます。 新しい到着品は、クマの形をしたコレクタブルフィギュアであるベアブリックから、上場している中国のメーカーであるボブ・マーティンのフィギュアまで多岐にわたります。

ロッテ免税店新成長事業本部長のアン・デヒョン氏は、「日本の直接ショッピング需要を取り込むため、プレミアム層を含む多様な商品やイベントを準備した」とコメントした。

日本酒、焼酎、梅酒、泡盛などのプレミアムアルコールブランドも紹介されており、その中には印紙伝音375本醸造ヴィンテージ酒、印紙1984年の35年物バーツカン麦焼酎、うまみ風味の増富岸などの希少品も含まれます。 梅酒。 他にも「専科パーフェクトホイップ」「蒟蒻ゼリー」「レジャータイム」などの人気商品があります。

ロッテ銀座日本直販サービスでは現在、計730商品が販売されている。 これらはすべてロッテ免税店の東京銀座支店から直接仕入れており、免税では販売されていないものの、ロッテによれば平均して「日本の直接購入サイトよりも30%安い」という。 同社はまた、将来的にはファッションウォッチなど他のカテゴリーも導入する予定だと述べた。

ベトナムのインスピレーション

一方、ベトナムでは、ロッテ免税店が韓国の旅行会社モードツアーと覚書(MoU)を締結し、同社が進出しているベトナムの観光市場を活性化させようとしている。

両社は今後、免税ショッピングや海外旅行など顧客接点の拡大を図るとしている。 ベトナムを訪れる韓国人が増えている

共同マーケティング活動はダナン、ニャチャン、フーコック、ダラットをターゲットとする。 ロッテ免税店は2017年にダナン空港で初めてベトナム市場に参入し、続いて2018年にニャチャン空港、2019年にハノイ空港など他の玄関口にも参入した。

ロッテ免税店のベトナム事業は2023年に売上が前年比351%増加し、韓国人観光客向けの売上が全体の約60%に達した。

モードツアーの東南アジア事業責任者、イ・ウヨン氏は「ベトナムは韓国人旅行者にとって非常に人気の旅行先であり、ロッテ免税店との今回の契約を通じて、より良いサービスを提供できると期待している。シンガポールとオーストラリアのロッテ免税店のサービスを拡大してまいります。

私に従ってください ツイッター または リンクトイン

READ  日本における非伝統的な金融政策の排除