6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

それなしで生きることはできますか?

ロシアの隣国フィンランドがNATOに加盟したいという希望を発表

ベルリン(AFP)-フィンランドは日曜日、大西洋横断軍事同盟の長としてNATOに加盟したいという希望を発表し、ロシアの軍事的進歩が停滞する中、ウクライナが戦争に勝つことを望んでいた。

サウリ・ニーニスト大統領とサンナ・マリン首相は、ヘルシンキの大統領宮殿での共同記者会見で、フィンランドがNATO加盟を求めると発表しました。 以前は中立だったスカンジナビアの国は、ロシアと長い国境を共有しています。

「今日は歴史的な日です。新しい時代が始まります」とニーニストは言いました。

フィンランド議会は、数日中に決定を批准することが期待されています。 その後、正式な入会申請書がブリュッセルのNATO本部に提出されます。おそらく来週中に提出されます。

この発表は、30のNATO加盟国の上級外交官がベルリンで会合し、ウクライナへのさらなる支援とフィンランドとスウェーデンの動きについて話し合ったときに行われました。 そして、ロシアからの脅威に直面してNATOに参加する他の人々。

「ウクライナでのロシアの戦争はモスクワが計画したようには進まないだろう」とNATO事務局長のイェンス・ストルテンバーグはCOVID-19感染から回復している間ビデオで話した。 「彼らはキーウを捕らえることができなかった。彼らはハリコフ周辺から撤退している。ドンバスでの彼らの主な攻撃は止まった。ロシアはその戦略的目標を達成していない。」

「ウクライナはこの戦争に勝つことができる」と彼は言い、NATOは国への軍事的支援を強化し続けるべきであると付け加えた。

スウェーデンはすでに措置を講じています ジョージアが紹介している間、同盟への参加に向けて 繰り返しになりますが、モスクワからの緊急の警告にもかかわらず、その隣人がNATOの一部になった場合の結果についてです。

北欧諸国の北大西洋条約機構の加盟国であるノルウェーは、加盟を求めるフィンランドの決定を大いに歓迎すると述べた。 ノルウェーのアネケン・ヘトフェルト外相は、ヘルシンキの動きを北欧地域の防衛および安全保障政策の「ターニングポイント」と説明した。

「NATOのフィンランドのメンバーシップは、フィンランドにとっても、北欧地域にとっても、NATOにとっても良いことだ。フィンランドはノルウェーの全面的な支援を受けている」とホイットフェルト氏はAP通信に電子メールで送ったコメントで述べた。

Hoytfeldtは、ノルウェー政府がフィンランドのNATO加盟の「ノルウェー議会の批准の迅速な承認」を促進すると述べた。

私たちは今、NATOで前例のない団結を目の当たりにしています。 「フィンランドのメンバーシップにより、軍事同盟のスカンジナビアの翼をさらに強化する」とホイットフェルトは述べた。

ストルテンベルグ氏は、現在の加盟国でフィンランドとスウェーデンに参加するプロセスを加速できると確信していると述べた。 その間、連立はロシアの脅威を阻止するためにバルト海地域での存在感を高めるだろうと彼は言った。

「すべての同盟国は、この瞬間の歴史的な規模を認識している」とストルテンベルグは付け加えた。

ドイツのアンナレーナ・バーボック外相はこの感情を繰り返した。

「スウェーデンとフィンランド、準備ができていれば、私たちはそうです」と彼女は言った。

デンマークの外務大臣は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の反対による提案を拒否した 同盟が新しいメンバーを許可するのを妨げる可能性があります。

「すべてのヨーロッパ諸国は、独自の安全保障協定を選択する基本的な権利を持っている」とジェビ・コフォッドは記者団に語った。

「プーチンが民主主義の最大の敵であり、彼が代表する考えである世界を今見ている」と彼は言い、NATOはロシアによって「搾取された」と彼が言ったジョージアのような他の国にも立つだろうと付け加えた。 。

会議の傍観者として、米国務長官のアントニー・ブリンケンは日曜日、ウクライナのドミトロ・クレーバと会談し、戦争の影響とウクライナの穀物を国際市場に投入する方法について話し合った。

国務省のスポークスマン、ネッド・プライスは、ブリンケンは「ロシアの挑発されていない戦争に直面したウクライナの主権と領土保全に対する米国の永続的なコミットメントを強調した」と述べた。

英国のトップ外交官は、NATO加盟国が日曜日の会議中にヨーロッパ以外の安全保障問題についても話し合うと述べた。これは、中国の台頭に対する民主党の懸念が高まっている兆候である。

「ユーロ大西洋の安全を守ることに加えて、インド太平洋の安全にも注意を払う必要がある」と国務長官のリズ・トラスは述べた。

この会議は、今週ドイツのバルト海沿岸で開催されたグループ・オブ・セブンの大国の外相会議に続くものです。 そこでの当局者はウクライナへの強い支持を表明し、ウクライナの港からの穀物輸出のロシアの封鎖が世界的な食糧危機を煽る恐れがあると警告した。

___

ゲイリー・タナーはヘルシンキから報告しました。 AP通信の外交作家マシュー・リーはベルリンから寄稿しました。

___

https://apnews.com/hub/russia-ukraineでAPの戦争報道をフォローしてください

READ  ボリス・ジョンソンの不信任決議:ライブアップデート