6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシアのウラジーミルプチン大統領の同盟国は、CSTOサミットでウクライナを叱った

ロシアのウラジーミルプチン大統領の同盟国は、CSTOサミットでウクライナを叱った

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 ロシア主導の軍事連立である集団安全保障条約機構(CSTO)の会議を、30周年の月曜日に開催しましたが、 ミーティング それは儀式ではありませんでした。

代わりに、NATOのような集団防衛組織を構成するアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタンの国家元首は、世界の反応を嘆くために月曜日にモスクワのクレムリンに行きました。 ウクライナでのプーチンの戦争

ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコ高い天井と金で覆われた華やかな壁のある巨大な部屋に座って、彼は西側からの「地獄のような」制裁と、ウクライナでのプーチンの軍事行動を支援してきたロシアとベラルーシを他の世界から隔離する努力を嘆きます。

「ベラルーシとロシアは…西側の気まぐれで国際機関から名誉を毀損され、排除されている」とルカシェンコは述べた。

共同声明CSTOはまた、CSTOの「外部国境」について懸念していると述べ、「国境の安全を確保する意欲」を維持していると述べた。

しかし、ルカシェンコは、特にロシアがウクライナでの戦争を正当化するために使用した一般的な議論であるNATOの拡大に取り組むためにロシアが取り組んでいるため、同盟のメンバーがロシアの後ろに立つべきではないと不満を述べた。 インテルファクス通信によると、フィンランドとスウェーデンがNATOへの加盟に関心を示している可能性があることから、ルカシェンコは、NATOの脅威が続く中、「NATOの西側国境近くでの騒動から、大規模なハイブリッド戦争まで」、さらなる支援を求めた。

「ロシアはNATOの拡大に対して単独で戦うべきではない」と彼は言った。

プーチン自身が「いわゆる文明的で政治的に正しい西側諸国におけるロシアへの恐れの高まり」について不満を述べ、NATOの拡大が「確かに私たちの側に反応を引き起こす」と約束した。私たちのために作成された脅威。」

プーチン大統領はまた、ウクライナへの侵攻中に発見された「文書化された証拠」であると主張し、「生物兵器の構成要素は私たちの国境の非常に近くで開発された」と述べた。

これらの疑惑の生物兵器の脅威(プーチンがロシアがしばらくの間直面していると述べた脅威)に対応するために、プーチンは会議中にCSTOのメンバーを集め、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン。

「バイオセキュリティを維持するための努力もまた、最も真剣な注意を必要とします」と彼は言いました。

プーチンはまた、ウクライナでの「特別な」軍事作戦に対する彼の誤った正当化を支持するように彼のカウンターパートを推し進めたように見えた-国の信用を傷つけるために。

「私は、大祖国戦争での勝利の記憶の共同防衛という私たちの優先課題を強調したいと思います。これは、莫大な取り返しのつかない犠牲を犠牲にして世界をナチズムから救った私たちの人々の成果であり、ナチス、彼らの共犯者、そして彼らの現代の信奉者」とプーチンは言った。

サミット後、同グループは声明のなかで、ロシアがウクライナを信用を傷つけようとして侵略したという虚偽の主張を批判し、これが単なる侵略の虚偽の主張ではなく、実際に戦争の目的であると主張したと述べた。

CSTOは声明のなかで、「ナチスの侵略に対抗するための共同貢献に関連する歴史的出来事を改ざんしようとする試みを強く非難する」と述べた。 「私たちは、ナチズムに対する勝利に関連するシンボルを禁止する試みに関して重大な懸念を表明します。」

プーチンの同情党は、ウクライナでのロシアの戦争が82日目に入り、終わりが見えないときにやってくる。 米国国防情報局 先週、ウクライナ東部に移動した戦争は、ほぼ「膠着状態」に達しました。

プーチンの軍隊はウクライナで衰退し続けています。 ウクライナ軍の参謀は月曜日の分析で、ロシア軍は月曜日の時点で27,700人の兵士を失ったと述べた。

しかし、戦闘が長引く状態に達したとしても、バイデン政権は、ロシアの攻撃を阻止するためにウクライナに安全保障支援を提供することに引き続き焦点を合わせています。 政府はすでに今年度、ウクライナに3億ドルの安全保障支援を提供しており、まもなくさらに多くの支援が見込まれます。

集団安全保障条約機構へのプーチンの不幸な党は、ウクライナへの西側の軍事援助を嘆きました。それは、米国国防総省が評価したことで、ウクライナ人がロシアの戦争の進展に抵抗するのを助けました。

「これまでのところ、ワシントンを含む西側では、紛争を可能な限り延長したいという願望しか見られない」とルカシェンコは軍事援助に言及して言った。 目標は明確です:ロシアを可能な限り弱体化させること。

しかし、援助は流れ続けるように設定されています。 国務長官アントニー・ブリンケン 彼らは、今週末ベルリンで開かれたウクライナのドミトロ・クレーバ外相との会合で、他の武器や安全保障支援について話し合った。 今週後半、上院は投票する予定です 400億ドルの援助 ウクライナに、上院共和党の指導者ミッチ・マコーネルは土曜日に言った。

READ  ウクライナ-ロシア戦争:最新ニュース-ニューヨークタイムズ