5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロイヤル・カリビアンは2024年に最大1万人の従業員を雇用する

ロイヤル・カリビアンは2024年に最大1万人の従業員を雇用する

クルーズ需要が新記録に達する中、ロイヤル・カリビアンは今年、船や目的地にスタッフを配置するために世界中で最大1万人の従業員を雇用することを検討している。

クルーズの利用者数は2023年に過去最高に達するとみられ、需要の増加と船の大型化に伴い、労働力の需要も高まっている。

世界中の観光委員会や港湾管理者らは、ロイヤル・カリビアンはすでに10万人近い従業員を抱えており、世界中で雇用を検討していると述べた。

ロイヤル・カリビアンは、自社の船舶に新たに3隻を追加し、クルーズ事業が好調に推移するため、今年最大1万人の新規従業員を雇用する予定だ。 AFP(ゲッティイメージズ経由)

同社はロイターに対し、今年約1万人の従業員を雇用する予定であることを認めた。

同社の年次報告書によると、昨年の同社の海上従業員(クルーズ船の乗船スタッフを含む)の総数は約8万8700人で、前年より6%減少した。

一方、同社の陸上従業員は主に港湾業務と本社業務で構成され、自社の目的地も含めて、2023年には前年比17%増の約9,500人のフルタイム従業員となる予定だ。

同社の広報担当者はロイターに対し、「採用戦略は緩やかな生産能力拡大という事業戦略に基づいている」と語った。

ロイヤル・カリビアンは4月に英領バージン諸島(BVI)に雇用に関して連絡したが、これまでに要請は受けていなかった、とBVI港湾管理局のマーケティングディレクター、ナターシャ・チャルウェル氏は語った。

しかし、クルーズ大手はカリブ海だけに焦点を当てているわけではない。同社は4月に西アフリカのガンビア観光局にも、より多くの労働者の雇用に関心を持って打診したと広報担当者は語った。

参考までに、ロイヤル・カリビアンは現在、アフリカ本土で最も少ない国の労働者約700人を雇用している。

同社の代表者は、ロイヤル・カリビアンへの雇用の流入は、同社の艦隊に新しい船舶を3隻加えている時期に来ていると付け加えた。

クルーズ大手の同社はすでに船内に約8万8700人の従業員を抱えており、さらに港やオフィスに約9500人が勤務している。 ワシントン・ポスト(ゲッティイメージズ経由)

今年初め、同社は「アイコン・オブ・ザ・シーズ」と呼ばれる世界最大のクルーズ船をデビューさせた。

20 億ドルの巨大企業は、20 階建てで 8 つの異なる地区が含まれるという話題など、その立ち上げにまつわる誇大宣伝に応えたと言われています。

アイコン オブ ザ シーズは、満席で約 10,000 人の乗客と乗組員を収容でき、船内の 17,000 平方フィートのウォーター パークを楽しんだり、38 席、8 コースのエンパイア サパー クラブで高級な予約をしたりすることができます。 カクテルの組み合わせとジャズの生演奏をお楽しみください。

その間も、巨大船はマイアミからプエルトリコ、セントクリストファー・ネイビス、コスメル、メキシコなどカリブ海の目的地まで1週間の航海を続けている。

7月になると、ユートピア・オブ・ザ・シーズは毎週金曜日と月曜日にフロリダ州ポート・カナベラルからバハマのココケイのパーフェクト・デイまで出航する予定です。

クルーズ利用者数は2023年に過去最高に達し、需要の増加と船の大型化により労働力の需要が高まっている。 ゲッティイメージズ

この近々登場する船は、5,668 名のゲストを収容でき、21 軒のレストラン、5 つのプール、ジップライン、アイススケート リンク、バスケットボール コート、2 つのロック クライミング ウォールを備えています。

一方、ロイヤル・カリビアンのスター・オブ・ザ・シーズは2025年の夏に出航する予定だ。

同社のウェブサイトでは、この船には「40種類以上の飲食方法」のほか、「記録破りの6つのウォータースライダー」と「7つの爽快なプール」があると宣伝している。

ロイヤル・カリビアンは、2024年第1四半期の予約が過去最高を記録し、四半期売上高が29%増の37億3000万ドルに達したと発表した。

一方、マイアミに本拠を置く同社の株価は過去1年間で2倍以上に上昇し、新記録を達成した。

READ  SpaceXは現在、非公開市場で1,750億ドルと評価されており、これは史上どのIPO評価額よりも大きい。