4月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

レーシングヒーローのフェネストラスとキャシディが日本に帰ってくる

レーシングヒーローのフェネストラスとキャシディが日本に帰ってくる

東京でのレースはフォーミュラEにとって初めてのレースとなるが、日本は一部のベテランドライバーにとって非常に馴染みのある領域だ。 日産のサーシャ・フェネストラスとジャガーTCSレーシングのニック・キャシディが登場します。どちらも日本で素晴らしい記録を残しています。

視聴: フォーミュラ E の東京 E-Prix をどこからでも視聴またはストリーミングする方法

スーパーフォーミュラ、スーパーGT、日本のF3で、フェネストラスとキャシディは滞在中にチャンピオンタイトルとトロフィーを集めました。 フォーミュラEの開幕戦を前に、私たちは東京の路上で二人に会いました。

キャシディは、3月30日に日本の首都で行われるレースに先立ち、「私のキャリアは日本で始まり、モータースポーツの機会を得たので、日本に戻るのを楽しみにしている」と語った。「私はレースキャリアの中で多くの時間を費やしてきた」日本では素晴らしい思い出を持って帰る準備ができています。」

キャシディは、母国ニュージーランドとオーストラリアでカート、F1、フォーミュラ・フォードのチャンピオンシップで腕を磨いた後、2011年に同じくキウイで​​フォーミュラEのチームメイトであるミッチ・エバンスとともにトヨタ・レーシング・シリーズにデビューした。

こちらの記事もお読みください: フォーミュラ E ステージプレビュー 東京 E-Prix 開会式

「私はニュージーランドのトヨタ・レーシング・シリーズで2年間過ごし、ヨーロッパのドライバーたちと5週間のシリーズでレースを戦った。私は十分に上手でもなければ、十分な成功もしていなかった」と彼は認める。 シリーズでの自身の活躍についてのコメントにもかかわらず、キャシディは5回表彰台を獲得し、最終レースの週末には3レース中2勝という見事な勝利を収め、エバンスに次ぐ2位でフィニッシュし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得するのに十分な成績を収めた。

経験を積んだキャシディはヨーロッパに移り、フォーミュラ・ルノーに挑戦し、その後イギリスのチーム D Sport でフォーミュラ 3 に挑戦しました。 ヨーロッパ選手権の最後の 2 ラウンドに出場した後、ブルーリボン マカオ グランプリに進み、2014 年に印象的なデビュー表彰台を獲得しました。

初めての表彰台とフォーミュラ 3 での経験は、キャシディの日本のモータースポーツでのキャリアに火をつけ、スーパーフォーミュラとスーパー GT チャンピオンシップを通じてオープンホイールと GT レースの両方でレースをし、新星の一人としての地位を確立しました。

「私はマカオで素晴らしい結果を収め、トヨタや日本のチームよりも先を行くことができました」とキャシディは振り返った。 「富士スピードウェイでテストを受けることができました。素晴らしい機会でしたし、トムスと一緒にドライブすることができました。」 そこから、キャシディはスーパーフォーミュラとスーパーGTのチャンピオンシップでチームの兼任運転を担当しました。 「トヨタは私を保護し、サポートしてくれました。それが私がTOM'Sで働いた6年間でした」と彼は付け加えた。

日本での活躍を続けるキャシディは、2017年にスーパーGTタイトルを獲得し、2019年のスーパーフォーミュラシーズンではドライバーズチャンピオンの栄誉を獲得した。 「そこで2度のチャンピオンシップを獲得することができた。それは私にとって非常に成功だった」と彼は認める。

同年に日本での活動を終えた彼は、2020年3月にマラケシュで行われるチャンピオンシップのルーキーテストでエンビジョン・レーシングのテストを受ける機会を与えられた。 「フォーミュラEでルーキーテストを受ける機会があり、新たな挑戦がしたいと感じていた。フォーミュラEでは、ドライバー、チームメーカーの状況は素晴らしく、私もその一員になりたかった」一人の人間として挑戦していきたいです。」

日本に戻った今、東京E-Prixはキャシディにとってホームレースと言えるだろう。 「日本のファンはモータースポーツにとても情熱を持っているので、私が彼らに元気を与えることができればと思っています。」

“もし [Formula E] 新しいファンベースを開拓し、視聴者数やシリーズの世界中での評価が雪だるま式に増加するのを助けることができるのは、素晴らしいことです。」

日産ドライバーのサッシャ・フェネストラスにとって、東京はさらに大きなイベントとなるだろう。 日本でのレースでかなりの成功を収めただけでなく、24歳の日本の自動車メーカーである日産は、横浜の本社から数マイル離れた場所でレースを行っている。

「もちろん本当に興奮しています。私は日本でキャリアの大部分を費やしてきたので、日本に戻れるのは素晴らしいことですし、レースが待ちきれません」とフェネストラスは言う。

フランス系アルゼンチン人ドライバーは、フォーミュラEに出場する前に4年間日本でレースに出場し、日本のF3、スーパーGT、スーパーフォーミュラを取材した。 2019年に日本に移住し、同年モトパークからP-Maxレーシング、コンドウレーシングからスーパーGTに参戦した。 トムスレーサーの宮田莉朋とシーズンを通して戦い続けたフェネストラズは、もてぎで8勝を挙げ、残り1周でタイトルを獲得し、2015年のニック・キャシディ以来初めてタイトルを獲得した新人ドライバーとなった。

パンデミックの間中日本で生活し、レースに出場することは、日本全土でロックダウンにより人々とモータースポーツがブロックされ、フェネストラスのレースキャリアに負担をかけている。 近藤レーシングは2019年から2022年までスーパーGTに参戦し、トムスはスーパーGTに参戦。2021年はスーパーGTとスーパーフォーミュラのCVに5レースの差があったが、フェネストラスはビザの組み合わせにより入国が妨げられていたため、 。 合併症と新型コロナウイルス感染症による渡航制限。 2022年のオートスポーツとのインタビューで彼は、「2021年は最後の2レースまで日本に入国できなかった。

サドゥシア・フネスドラス・サシャ・F

さらに強くなって2022年スーパーフォーミュラシーズンを野尻智紀に次ぐ2位で終え、スーパーGT選手権ではトヨタGRスープラGT500を駆って6位を獲得した。 フェネストラスは、シングルシーターとスポーツカーのカテゴリーで合計 12 回の表彰台を獲得し、多くの才能あるドライバーとともに日本でのレースキャリアを終えました。

日産からシーズン9に先立ってフォーミュラEにフルタイムで参戦するフェネストラスは、まだシリーズに足を踏み入れている段階だが、東京の熱狂的な「ホーム」観衆の前でポイントを獲得しようとしている。

「日本のファンがどれほど素晴らしく、クレイジーであるかを知っているので、レースはさらに良くなるだろう」と彼はレースを前に語った。 「チームとフォーミュラEが日本に行くのは今回が初めてなので、グランドスタンドで素晴らしい声援を見るのを楽しみにしています。私にとってはホームレースのようなもので、コースは本当に興味深いので、私はそう思います。」レースに行くのが楽しみだよ!」

スケジュール:2024年東京e-Prix第5戦のどこで、いつ、どのように視聴またはストリーミングするか

東京e-Prixは3月29日金曜日、現地時間16時30分のフリー走行1でスタートする。

視聴: フォーミュラ E の東京 E-Prix をどこからでも視聴またはストリーミングする方法

3月30日土曜日はレース当日で、フリープラクティス2は現地午前8時から始まり、予選は現地10時20分に始まり、第4ラウンドは現地15時/協定世界時6時に点灯します。

見る あなたのタイムゾーンでの完全なスケジュール あなたが住んでいる地域ですべてのレースアクションを視聴できる場所を見つけるには、放送局のリストを確認するか、上の「視聴方法」ボタンをタップしてください。

READ  インフレを伴うドルリップル率の次のテスト