5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ルナ・ランダー・エージェンシー、日米アルテミス協定にチャンスを見出す

ルナ・ランダー・エージェンシー、日米アルテミス協定にチャンスを見出す

ワシントン – アルテミス月探査キャンペーンへの寄付に関する日米間の合意は、日本の月着陸船開発者にさらなる機会をもたらす可能性がある。

東京に本拠を置くiSpaceは、同社の新市場としてアルテミス株に関するNASAと日本政府との間の4月10日の合意に言及した。 この契約に基づき、日本の宇宙機関JAXAは、2030年代初頭から始まるアルテミスミッションに与圧探査車を提供し、NASAにはJAXA宇宙飛行士のための2つのアルテミス着陸ミッションが含まれる。

アイススペースの袴田武志最高経営責任者(CEO)は「今年4月に締結されたアルテミスプロジェクトに関する日米合意により、各国政府と協力し貢献する上でより有利なビジネス環境が整備されたと考えている」と述べた。 は、5月10日の決算会見で同社の2024年3月期決算を報告した。

同氏は、この協定により、宇宙に出現しつつある小型ロボット月面着陸船の需要が創出されると主張した。 「多くの場合、小規模な着陸を使用した科学的研究と技術実証作業が必要になります」と彼は言いました。 「有人ミッションが始まったら、小型着陸船を使った支援ミッションが必要になるだろう。」

同氏は電話会談の後半で、日本からの追加着陸船の需要がどれほど大きくなるかを見積もるのは時期尚早であることを認めた。 同氏は、日本政府が日本の商業宇宙産業に10年間で1兆円(64億ドル)を投資する計画であると述べた。 「将来的には資金の大部分が月関連の活動に割り当てられると想定している」と同氏は述べた。

同社は現在、日本と米国で3機の着陸船の開発に取り組んでいる。 2023年4月に墜落したHakuto-R M1着陸船は、ミッション2つまりM2着陸船の終わりに近づいている。 今年後半にはFalcon 9で発売される予定だ。

同社の米国子会社であるispace USは、ドレイパーとの契約に基づき、2026年にNASAの商用月ペイロードサービスミッションにispace M3と呼ばれる最初のAPEX 1.0着陸船を納入する予定である。 日本では、iSpace が日本政府からの補助金を受けてシリーズ 3 と呼ばれる着陸船の設計を開始しており、M6 という名前で 2027 年に打ち上げられる予定です。

この並行成長資本は強力です。 同社は3月28日の二次株式売却で81億円を調達し、その資金の大部分はM3着陸船の打ち上げに必要な2基の中継衛星の開発や、遠くまで飛行する着陸船との通信などの開発に充てられた。 月の。 同社は4月30日に三井住友銀行から70億円の融資を受けた。

ジャンベ・ノザキ最高財務責任者(CFO)は「ランダースの開発に多額の研究開発費がかかるため、純損失を計上することが見込まれており、財務健全性を改善するためには自己資本のバッファーを維持することが重要だと判断した」と述べた。 会社が株式の売却と借金を通じて資金を調達した理由を説明します。

2024年3月期の売上高は23億6000万円、純損失は23億7000万円だった。 同氏によると、この損失は同社がM1着陸船のために加入した保険契約の収益から差し引かれたという。 iSpaceは2025年3月に終了する今会計年度について、売上高40億3000万円に対し、125億円近い損失がさらに拡大すると予想している。

野崎氏は、純損失の急激な増加は、計画されているM2の完成と打ち上げ、およびM3での進行中の作業に関連していると述べた。 「これは重大な純損失だ」と同氏は語った。 「しかし、この純損失は当社の当初の計画と予測と一致していることを強調したいと思います。」

同社は決算会見で、着陸船で高精度位置測定技術の実証を行うルーマニア企業CDS社M3と新規顧客を契約したことも発表した。 CDSは、NASAとレア・スペース・アクティビティに次いでM3の3番目の顧客であり、着陸機に付随する中継衛星でナビゲーション技術をテストする予定である。

READ  ロシアの水泳庇護を申請するために日本まで12マイル