5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

リトアニアの外相はプーチンの弾劾を要求し、損失が増大するにつれてロシアの指導者がより不安定になることを期待している

リトアニアの外相はプーチンの弾劾を要求し、損失が増大するにつれてロシアの指導者がより不安定になることを期待している

火曜日にワシントンでCNNに語ったランズベルギス氏はまた、彼の国が恒久的な米軍のプレゼンスを求めており、「ロシアのような侵略者に対する最大の抑止力」と呼び、来月のマドリッドでの首脳会談でのNATOからの支援を強化すると述べた。

リトアニアは、戦争が2か月以上前に始まって以来、ウクライナを強力に支持しており、ロシアに対抗するための強力な対応を推進し、ロシアのガス輸入を停止した最初のEU諸国になりました。

これまでのところ、ランズベルギス氏は、米国とヨーロッパの同盟国は、地上での進展に対応して、ウクライナでの戦争への「戦術的アプローチ」に焦点を合わせてきたと述べた。

しかし、外相は、長期についても戦略的に考える必要があると強調した。プーチンと彼の側近が去るまで、ロシアは「NATO諸国を排除するのではなく、再び戦うかもしれない」ので、世界は準備する必要がある。

「戦争が終わるのを待って、戦争が終わるのを待ってから、いつものようにビジネスに戻る必要があると期待している国があります」とランズベルギスは述べ、「ロシアは文明化された世界秩序から外れている。 …彼らはもはやこれに属していません。」

「ロシアの戦争状態は、政権がロシアで終わるときに終わるだろう。これが私たちがそれを見る唯一の方法である」と彼は言った。

ランズベルギスは、西側がプーチンを権力から排除するための具体的な措置を講じることを示唆せず、「それを変える効果的な手段がないため、それが変わるには時間がかかるかもしれない。したがって、それは内部から変える必要がある。 「」

さらに、ランズベルギスは、プーチンが「完全なシステム」であるためにロシアをリードしなくなったという理由だけでは十分ではないことを明らかにした。

「プーチンは病気かもしれないし、戦場での敗北に完全に不満を持っているかもしれない彼の内輪に押しのけられるかもしれないが、これは政権やその態度が変わることを意味するのではなく、戦争を行う態度が変わることを意味する」と彼は言った、それはナチスドイツを彷彿とさせる。

ランズベルギスはCNNに次のように語った 月曜日のプーチンの勝利の日のスピーチ 彼は、ロシアの大統領が戦争が始まった理由をそれらの発言で「説明」しようとしたのは「クール」だったと言って、戦争でのロシアの失敗についてそれらの親密なサークルの間に憤慨があるかもしれないと述べた。

「彼は誰にそれを説明しているのか?彼の聴衆?まあ、彼らは説明する必要はない」と外相はロシア国民の侵略の承認に言及して言った。 「私たち?あなたが知っている、私たちは彼を信じていません。つまり、私たちは事実を知っています、あなたが知っている、私たちはずっとそれらを知っています。」

「それで、彼は彼のサークルにそれを説明していると思う…彼への信頼を失うかもしれない人々。それで彼はこれが良い決断だったと彼らに促さなければならない」とランズベルギスは言った。

リトアニアのトップ外交官は、プーチンが「彼が信頼する人についてますますパラノイアになり、戦場での敗北に対して彼の周りにますます憤慨していると感じ、これが彼の一歩を踏み出すかもしれない」と予測しました。 (内側の)円-もっと歪んでいる。」

そのような不安定な行動は彼をNATO諸国の1つにぶつける可能性があります。それが「NATOの決定はリトアニアのような国にとって非常に重要です」-ロシアに地理的に最も近いNATO国の1つです。

「私たちは自分たちが保護されていることを知らなければならない」とランズベルギスは言った。

ワシントンで月曜日にウェンディ・シャーマン国務副長官と会談した際の主要なトピックは、このような安全保障上の懸念に対処することでした。

リトアニアは、リトアニアとポーランドの国境にあり、ベラルーシとロシアのバルト海のカリーニングラードを結ぶ「スワルキ峠」に軍隊が恒久的に存在することを望んでいるとランズベルギスは述べた。レベル。 ランズベルギスはまた、リトアニアはイスラエルのアイアンドームと同様に統合防空能力を追求していると述べた。

ランズベルギス氏はCNNに対し、自国は米軍の恒久的存在に関するワシントンからの明確な回答を得られなかったと語ったが、NATOが来月会合するときに合意が得られることを望んでいる。

このサミットに先立ち、ランズベルギスは、戦争の結果として「迫り来る食糧危機」に直面することが世界にとって重要であると述べ、それを「明らかになり始めたばかりの巨大な問題」と表現した。

「これは、この世界的な連立が多くの努力を払う必要があるところです」と彼は言いました。

「できることの1つであり、やらなければならない主なことは、ウクライナ人がオデッサ港を通じて小麦とトウモロコシを輸出する可能性を提供し、必要に応じて安全な回廊を提供することです。食糧危機の影響を受けた国々」とランズベルギスはCNNに語った。

彼は、NATO自体が安全保障回廊を提供する役割を果たすことを期待していなかったと述べたが、「おそらく一部のNATO諸国が、より広範な同盟国とともに、これに直接影響を受ける国々とともにこれに参加するという事実を排除しない」と述べた。

「これは、ウクライナから食料品を購入していた国のリストを見ると、現在は弱い立場にあり、トルコ、エジプト、さらにはイランを取り上げるからです。イランがこの取り組みに参加することは期待できません。まだ弱体化した状態にある何千万人もの人々、彼らの何人かは食糧価格と不足のために苦しむでしょう。」

READ  米国の諜報機関を引用して、バイデンはプーチンがウクライナを侵略することを決定したと言います