9月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

リズ・トラスは日英関係の繁栄に貢献します

2年前、日本と環太平洋パートナーシップの重要性について書いたとき 自由貿易国としての英国の未来のために、 私たちは日本との新しい自由貿易協定の交渉を始めようとしていました.

これは、2021 年 1 月に包括的経済連携協定 (CEPA) として発効し、データ保護、金融サービス、原産地規則という 3 つの主要分野で日 EU 経済連携協定に取って代わりました。

国際貿易省は、日本が 11 のメンバーの中で支配的な経済国であるにもかかわらず、6 つの英連邦国を含む環太平洋パートナーシップのための包括的かつ先進的な協定を英国が受け入れる用意があることを発表しました。

日本との関係が深まり、拡大していることへの認識は高まっており、今後も拡大し続けます。 2021 年 9 月の太平洋ツアー中、エリザベス 2 世女王と空母打撃群が日本に歓迎されました。 岸田文夫が新総理に 署名済み 相互アクセス契約 今年の 5 月には、両国間の安全保障と貿易の関係が強化されます。

現在、将来の戦闘機戦略について日本と協力すること、および私たちが直面する深刻でやや予測不可能な課題に大きく貢献できる日本の高温ガス冷却原子炉原子力発電技術を共同で開発する可能性について前向きな話があります。 ロシアのウクライナ侵攻後の産業用エネルギーおよび電力市場。

確かに日本人は、英国人が日本について知っているよりも、日本と英国との関係についてよく知っています。 後者は、1930 年代に数十年にわたって日本が行った悲惨な政策選択によって、大部分が制限され、悪影響を受けました。

しかし、日本人にとって、長期的に考えて計画を立てる能力は原始的であり、成長する関係の中断は一時的な後退と見なされていました. 1945 年以降の占領下では、最初はアメリカの文化的影響が大きく影を落としていましたが、私が日本で働いていた 1980 年代と 1990 年代に日英関係は大きく回復しました。 最近、いくつかの日本の同盟国が、現在、日英同盟 (1902-1922) の関係に近づいているとコメントしており、現在の状態を「第 2 の日英同盟」と表現する人もいます!

日本の政権が比較的迅速で控えめな指導者選挙プロセスを使用していることを対比するのは興味深いことです 自民党 (自民党) 菅義偉前首相が 2021 年 10 月 31 日の総選挙に先立って党首選挙に出馬しないと 9 月 3 日に発表したことを受けて、岸田文夫を党首、つまり首相に選出する。プロセスは 9 月 26 日に開催された第 2 ラウンドで完了しました。これは、英国保守党がこの夏に実施したプロセスよりもはるかに短いプロセスです。

自民党の党首選挙制度は、両党の議員と両院の当選者が2回に分けて参加する。 最初のラウンドでは、党員の総投票数 (50%) と国会の両院の党員の投票数 (50%) に等しい重みが与えられます。 2021年の衆議院議員選挙の第2回投票で、国会議員の票に与えられる重みはわずか11%です。 いずれかの候補者が第 1 ラウンドで過半数を獲得した場合、第 2 ラウンドはキャンセルされます。 このシステムは、最初のラウンドで党員により多くの重みを与えますが、保守党システムは、党員のみによる最終の決定的な投票まで、複数の投票で議員に権限を与えます.

河野太郎は自民党員に強く支持されていたので、もし自民党が保守党のやり方を指導していたら、河野太郎が岸田文夫ではなく日本の総理大臣になっていたことは明らかだ。 岸田氏は、日本の防衛力を強化し、より曖昧でない親欧米外交政策を採用することについて、2 人の候補者の中でより慎重であると見られていたが、ロシアのウクライナ侵攻と 台湾に対する中国の攻撃的姿勢が強まっている 若者や大学生を含め、安全保障、防衛、民生用原子力に対する日本の態度は大きく変化しました。 このような態度の変化により、岸田内閣は、内閣外の党役員としての短期間の任務の後、8月10日にデジタル担当大臣に任命された河野氏が提唱する政策に向けて動くようになった.

エネルギー危機により、ロシアのウクライナ侵攻前に予測されていたよりも、発電と産業用火力の大幅な不足が予測されています。 英国と日本の 2 つの主要な原子力発電プロジェクトが計画されました。セラフィールド ムーアサイドでの東芝の NuGen プロジェクトと、イニス モンのウィルファでの日立のホライズン プロジェクトです。 新しい首相は、別の主要な原子力プロジェクトに対する BEIS の現在の過度に慎重なアプローチを直ちに再考する必要があります。

2018年から、ニューカッスル・オン・タインのPenultimate Powerは、日本原子力研究開発機構(JAEA)と協力して、興味深いことに元々「ドラゴンリアクター」として開発された高温ガス冷却原子炉技術を英国市場で商業化する予定です。 1965 年、ドーセット州ウィンフリスの元英国原子力委員会によって。 これは「AMR」技術として分類されており、BEIS は AMR 技術の選択を目的とした小規模な競争の第 1 段階のサポートにのみ取り組んでいます。 2030年代初頭に建設される予定です。 この柔軟で効率的な技術を早期に採用することで、大規模な水素の生産が可能になり、産業用熱エネルギーの多くの供給源としての天然ガスへの依存を減らす必要性に対する経済的に実行可能なソリューションが提供されます。 エネルギー市場全体の残りの 80% のうち、発電が占めているのはわずか 20% です。

地政学的な理由と、エネルギー資源を増やす緊急の必要性から、この技術の商業開発を加速することは完全に理にかなっています。 これは、BEIS がすでに公的資金を承認している Rolls-Royce SMR 技術を補完するものです。 首相は3月、英国が少なくとも25%を獲得することを望んでいると述べ、「この国では十分な核能力を構築できず、十分な速さでそれを行うことができない」という極端なレベルの不満を指摘した. 原子力からのそのエネルギー。 英国が原子力エネルギーの最前線に戻るためには、この技術に関して日本との協力を強化することが不可欠です。この技術はまだ始まったばかりです。

私の見解では、英国と日本の関係は政府の下で繁栄するでしょう リズ・トラス率いる. 国際貿易担当国務長官として、彼は日本との CEPA の交渉に成功し、国務長官としてこの重要な関係を認識し、意識的に利用しました。グローバル ブリテン」は着実に、そして確実に世界の舞台でその足跡を刻み始めています。 一方、Rishi Sunak は、投資銀行家としての経験にもかかわらず、グローバルな英国と、世界中でソフト パワーを実証して使用する必要性についてほとんど理解していないようです。 伝えられるところによると、彼は前任者の決定を覆すための停戦協定の慎重な入札に対する以前の支持を撤回するように首相を強打した. 元の永久リースは 150 年前の 1872 年に贈与されたものであるため、購入したことのないものを換金するという請求が発生する可能性があります。

岸田さんは、それは何の違いもないと彼に言ったに違いありません。 しかし、これによって日本人のイギリスに対する認識は大きく変わるのが現実です。 今日の東京で最も優れた最大の外交使節団の真ん中にある大きなアパートは、どの国でも最も印象的な外交官邸の多くの日和見的な売却を恒久的に思い出させるものとなる. 御所御苑内の皇居からお堀を隔ててすぐのところにあります。 もし実施されれば、それはより小さな英国のしるしと見なされるだろうが、日本との関係の重要性を考えると、あまり意味がないように思われる.

Rishi Sunak は、その土地を所有するのに 7 億ポンドは価値がないと主張したと思います。 彼は間違っていると思います。 日本で不動産を保有することの価値は莫大であり、日本で事業を展開するすべての英国企業に利益をもたらします。 多くの上級外交官がこの計画を受け入れたと報告されており、国庫の制約、必要な維持管理、および残りの不動産の改善のための資金を得るには他に方法がないと信じています。

実際、昨年の「レッドブック」では、FCDO が 2018 年から 2023 年までの 5 年間に部門別の支出上限を (4% ずつ) 削減した唯一の国務省であることが明らかになりました。 グローバル・ブリテンは確かに、外務省をより寛大に扱う十分な理由を提供しており、「私たちの体重を超える」のに役立つ資産を処分することは意味がありません. この提案された販売は、重大な誤解となるでしょう。 私は、この件に関する多くの日本の高官や政府高官の本音を知っています。 これは、日本国民の英国に対する認識を損なうものであり、日本との関係の重要性を考えると、特に残念なことです。

1872年に岩倉使節団が英国を訪問したとき、東京の大使館の庭が英国に恒久的に賃貸されていたことを総理は知らなかったと思います。 IoD は 150 周年を祝う予定です 12月はその訪問の記念日です。 この国で 122 日間を過ごし、政治、経済、教育の構造をどのように組織したかを調査した岩倉の使命は、イギリスよりも日本でよく記憶されています。 日本政府は使節団の仕事に非常に満足し、同年、1872 年に外交使節団として使用するため、この地所の恒久的なリースを許可してくれました。 私の日本人の先輩の言葉を借りれば、「これらの施設や建物は、歴史的な二国間関係の象徴であり、日本社会において英国大使館と英国政府が享受している特別でユニークな地位の証明です. FCDO の賢明でない決定を覆すことは、成長する貿易、文化、安全保障にとって極めて重要です。

筆者は日英議会委員会副委員長。 クラインワード・ベンソンの日本でのビジネスを長年管理し、ジャパン・ソサエティの会長、日本証券業協会の理事、日本の金融サービスに関する女王陛下の政府の上級顧問を務めました。

READ  世界で最新の競馬ホットスポット、サウジカップ