6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

リシ・スナック氏の2,000ポンドの事業税の請求は統計監視機関によって批判されている

リシ・スナック氏の2,000ポンドの事業税の請求は統計監視機関によって批判されている

画像ソース、 ゲッティイメージズ

  • 著者、 ローラ・ジョーンズ
  • 役割、 BBCニュースのビジネス特派員

英国の統計監視機関は、労働党が総選挙で勝利した場合に家計が税負担に直面する可能性があるとの主張をめぐり、首相を批判している。

リシ・スナック氏が、事業税の引き上げ額は勤労者世帯当たり2,000ポンド強になるとの発言を聞いた人は誰でも、これが4年間にわたる一時金であることを知る由もないだろう、と統計監督局(OSR)は述べた。

このことは、火曜日に行われた労働党指導者のキア・スターマー卿との初のテレビ生放送討論中に首相によって数回言及された。

保守党は、すべての費用はオンラインで入手できると述べた。

火曜日の討論会でスナク氏はまた、「財務省の独立した役人」がこの数字を設定したと主張した。

この点に関して、英国統計局の独立規制機関であるOSRは、財務省の最上級公務員からの書簡を指摘し、保守党文書には「他の資金源から派生した、または他の組織によって作成された政策費用の一部が含まれている」と述べた」 [and] 「公務員作品として発表されるべきではない。」

番組放送後、キア卿は首相を攻撃し、首相が労働党の税制計画について「意図的に」嘘をついたと非難した。

同氏は、労働党は勤労者に増税をもたらさないと主張した。

ランカスター公国の影の宰相パット・マクファディン氏は木曜日、保守党の税金請求は「水泡に帰した」と述べた。

しかし、討論会後初めてのインタビューでリシ・スナック氏はITVに対し、自分は「嘘つき」ではないと語り、労働党を「絶望的」だと非難した。

保守党と同様、労働党も選挙に勝った場合には所得税、国民保険、付加価値税の税率を引き上げないと約束している。

「私たちはこの行為に対して警告を発しました。」

OSRは保守党の2,000ポンドの請求を調査していた。

同氏は、同党が数値を決定する際に盛り込んだ政策、その政策をどのように解釈したか、財務当局がすべてではなく一部をどのように割り当てたかを説明する文書を公表したと指摘した。

しかし彼女は、「保守党の費用文書全体を読まなければ、この主張を聞いた人は誰でも、これが4年かけてまとめられた試算であることを知る由もない。私たちはプレゼンテーションで使用された後、数日前にこの慣行に対して警告した」と述べた。 。」 将来的には防衛費の増加が予想される。」

7月4日の投票日に向けた最初のテレビ討論会に先立ち、英国統計局長官ロバート・チョート卿は主要政党に書簡を送り、「統計の適切かつ透明性の確保」について警告した。

ロバート卿は次のように述べています。「英国統計局の仕事は、公式統計は公共の利益に役立つべきであるという信念によって支えられています。

「これは、統計や定量的な主張が公の議論で使用される場合、議論されているテーマの理解を高める必要があり、誤解を招く可能性のある方法で使用すべきではないことを意味します。」

OSRはまた、英国経済が「低迷している」という以前の主張に対する調査を最近終了したが、この主張は後にリシ・スナック氏ら当局者らによって指摘された。

調査では、国家統計局(ONS)の高官による発言が文脈を無視されているかどうかが調査された。

「事実は事実だ。国家統計局の担当者は、昨年第1四半期にこの国がもたらした経済成長について話したと思う」とスナク氏は5月にBBCのトゥデイ番組とのインタビューで語った。 年。

「彼はそれについて言いたいことを言いましたし、『ギャングスタ』という言葉を使ったと思うので、それはそのままにします。」

スナク氏は国家統計局の首席エコノミスト、グラント・フィッツナー氏の発言を引用した。

フィッツナー氏は5月初めに記者団に対し、「オーストラリアのポール・キーティング元首相の言葉を言い換えれば、経済は非常に順調に進んでいると言えるだろう」と語った。

しかし、ONSは木曜日、当時のコメントは元オーストラリア首相のコメントに対する「一時的な言及」であると直ちに釈明したと発表した。

ONS の広報担当者は次のように述べた。「それは経済の一般的な状態についてのコメントを意図したものではありませんでした。そして、コメントがなされたとき、これが ONS が経済状況を説明するために使用する言葉ではないことはすぐにその場にいた人々に明らかになりました。」経済状況。” 第 1 四半期の成長。

「私たちはまた、その後フォローアップしたジャーナリストのためにコメントを状況に合わせて説明しました。」

フィッツナー氏のコメントは、経済が景気後退から脱却したことを公式統計が示した後に発表された。

国家統計局は、1月から3月にかけてGDPが0.6%成長したと推定しており、これは経済が昨年末に記録された不況から回復しつつあることを意味している。

英国経済の現状は総選挙前後の主要な選挙戦の争点の一つになると予想されており、さまざまな政党の指導者が成長と生産性を向上させる方法についての計画を打ち出している。

READ  「次のレベル」:米海軍のドローンボートが中東で初めて武器を発射