5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ラムジェット・ヒヤシンスが勝利へ導き、ジャパンロードをガイダービーへ導く

ラムジェット・ヒヤシンスが勝利へ導き、ジャパンロードをガイダービーへ導く

5回目の出走でステークスデビューを果たしたラムジェットは、日曜の12万8154ドルのヒヤシンスSで、直線で回り込み、残り100ヤードで先頭に立ち、ポイント圏内の先着を決め、日本の道中で3馬身差の圧勝を果たした。 すること ケンタッキーダービー 2024

この勝利によりラムジェッツは日本でのダービー出場権を獲得した。 予選シリーズ4レースの最後は、3月23日に中山で行われる1・1/8マイルのふぐ竜Sで、7年間で2回だけ招待が受理されるかどうかを決める。

前田幸二氏が所有し、佐々木正三氏が調教師を務めた3歳馬マジェスティックウォリアーゴールドは、三浦康二騎手が騎乗して2勝目を挙げた。 ラムジェット(12勝1敗)の勝ちタイムは、東京競馬場の高速ダート馬場で助走なしの左回りマイルで1分36秒3でした。 彼は23.1、46.7、1:11.6の前半のタイムを記録した。

ゴドルフィン産駒でディスクリートゲート産駒のアンクエナブル(6勝5敗)は序盤で先頭に立ったが、2着に落ち着いた。 ハブレ(33勝1敗)が3位、ロキ・アデレード(2勝1敗)が4位、チカッパ(16勝1敗)が5位となった。

ラムジェットは日曜日まで7ハロンのレースに出走していなかった。 7月1日に崇京の坂路で勝利しデビューした。 続いて昨秋の阪神、東京での手当レースで3着と9着に終わった。 12月17日、スーキョーでアローアンスにサヨナラ勝ちし、2歳シーズンを終えた。

上位 5 名のうち、ヒヤシンスは日本のケンタッキー州に向かう途中で 30-15-9-6-3 の成績を収めました。 この馬場が2017年に設立されて以来、この馬場をチャーチルダウンズ競馬場に持ってきたのは、2019年に6着だったマスターフェンサーと、2023年のダービー直前にスクラッチしたコンティニューだけである。

ケンタッキーダービーへのジャパンロード ポイント
1.ラムジェット 30
2. 永遠に若い 20
抑えられない* 18
3. イーグルノワール 10
4. アマンダ・ビアンコ 10
5.ヘイブル 9
6. ロジー・アデレード 6
セントオナー* 6
7. ジョージ・テソロ 5
悪天候* 4
8.チカッパ 3
9. サトノフェニックス 2
スターターン* 2
一回以上* 1
*停泊を受け入れる可能性は低い。

READ  ロックスター・YOSHIKIのシャンパンが日本中を騒がせている