6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヨーロッパ人にとって、トランプはすでに復帰し、アメリカはウクライナを見捨てた – ポリティコ

ヨーロッパ人にとって、トランプはすでに復帰し、アメリカはウクライナを見捨てた – ポリティコ

その答えはドイツの指導者を満足させるものではないと思われる。

とんでもないクーデター

両指導者にとって、この矛盾はあきらかに明らかだろう。 戦争初期、バイデンから主導権を握ったのはシュルツだった。 ドイツはウクライナへの軍事援助の提供で最も遅れており、シュルツ政権にさらなる支援を促したのはバイデンだった。 当時、ドイツはプーチン大統領との紛争激化に巻き込まれることを恐れ、アメリカや他のNATO同盟国が先に重火器を送る前にウクライナに重火器を送ることを拒否した。

この力関係は完全に消え去ったわけではありません。 ウクライナからの再三の要請にもかかわらず、シュルツ氏はこれまでのところ、ウクライナ人がロシアの目標を攻撃するために長距離巡航ミサイルを使用することを懸念して、ウクライナへのトーラス巡航ミサイルの供給を拒否している。 一方、英国とフランスは巡航ミサイルを提供した。

現在、ショルツ氏が主導権を握る責任はますます高まっている。 ドイツは アメリカに次いで2位 キール世界経済研究所の統計によると、ウクライナは昨年10月までに171億ユーロの支援を行ったが、今回はウクライナへの軍事支援となった。 対照的に、英国は65億7000万ユーロを提供したが、フランスは5億4000万ユーロにとどまった。

これらの数字を踏まえ、ショルツ氏は欧州諸国に対し、ウクライナへのさらなる支援を求める一方、ドイツがこれまで提供してきた支援にも関わらず、ウクライナに対するあいまいな評判を払拭していないことに警戒感を表明した。

同氏はドイツの週刊紙ディー・ツァイトとのインタビューで、「ドイツ政府が十分な努力をしていないと思われ、行動に消極的であるため、ドイツが常に批判に直面していることに不安を感じている」と述べた。 「私たちは欧州連合の他のどの国よりも多くのことを行ってきました。それよりもはるかに多くのことを行ってきました。だからこそ、私は頻繁に電話で話し、相手国にもっと多くのことをするよう求めています。」

READ  不安定なロシアでユダヤ人組織への懸念が高まる